作文創作コンテスト
作文創作コンテスト


応募する


作文・創作コンテスト応募要項

目的

近年、キャリア教育・職業教育のあり方が大きく議論されています。
私たち、職業人教育を通して社会に貢献することをミッションとする滋慶学園グループ各校は、その具現化の一つとして、実際のプロフェッショナルが直接指導する全国初の大規模体験型セミナー『職業体験セミナー』を2002年より実施、
毎年、地域の特色ある進路指導と文化活動として、多くの中学生・高校生、中学校や高等学校に支持されてきました。
また併せて、中学生・高校生たちを対象に将来の夢や希望・仕事や進路をテーマに、日頃、文化・芸術活動で培われた力を作文ならびに創作で表現する創作コンテストを企画実施しています。これによって中学生・高校生たちが自主性をもって文化・芸術活動へ取り組み、自分たちの人生設計に向けて更なる関心と興味を深め、情熱を傾ける契機になれば幸いです。

テーマ

これから10年後、20年後のあなたは
どのように生きているのでしょう
どんな仕事をしているのでしょう

皆さんが30、40歳代になった時、自分らしい本当に生き生きとした人生を送っているために今、何を考え、何に取り組めばよいのか皆さんの思いを下記部門の形で表してください。

部門

(1)作文の部
  テーマ1:私の将来
  テーマ2:職業体験ネット 私の活用法
  ・1200字~1600字

(2)創作の部
テーマ: 私の将来
A)演劇やお笑い(コント・漫才)の台本・小説・ ストーリー漫画 から選択
  ※目安として、審査員が10~60分で表現(読破)可能と判断できるもので、
  400字詰め原稿用紙を使用するか、A4用紙タテで縦書きに設定し応募

B)自由詩・川柳(2句以上)・俳句(2句以上)・短歌(2首以上)から選択

  

(3)ポスター、スローガンの部
  テーマ:作文・創作コンテストのためのポスター&スローガン
  ・ポスターは一人2点まで
  ・用紙サイズはA4 (用紙の種類は、画用紙、写真用紙など自由)
  ・表現方法も平面であれば自由(絵画・イラストや写真など)
  ・CGで作成した作品はデータと合わせて、プリントアウトしたものを提出してください
  ・スローガンは一人3点まで(25字以内 句読点含む)
*受賞作品は、翌年の作文創作コンテストの案内に使用されます。
 ただし案内文字のレイアウトなどはすべて主催者で行います

日程

(募集期間)
平成30年7月1日から同年9月末(当日消印有効)
(表彰式)
平成30年12月11日(火)

応募資格

近畿地方の中学校、高等学校、特別支援学校高等部、高等専門学校(第3学年までに限る)生徒ならびに
専修学校及び各種学校の修業年限が高等学校と一致している生徒。

応募のきまり

以下の注意事項に違反しているものは受け付けない
1.未発表の作品とする。ただし、平成30年4月1日から平成30年9月末の間に発行された「生徒会誌」「学校新聞」「図書館報」「進路指導・文化祭などの企画」などに発表した作品は可とする。
2.応募作品は上記の応募部門の各部の指定に従ったものであること。
3.各部門、各応募作品は3部(コピー可)を送付すること。
4.3部とも部門名・題名・学校名・氏名(ふりがな)・連絡先(住所と電話番号)を明記した表紙を付け、右肩を綴じて送付すること。ただしメールで応募の場合、作品は1部でよいが、表紙の部分も忘れないこと。
5.応募作品は返却いたしません。
6.原稿送付の際には封筒の表左の「全国作文・創作コンテスト応募原稿」と朱書きすること。
7.団体で応募の場合、応募作品は部門ごとに学校単位で選考の上、数を絞り(学校の判断)とりまとめて応募することが望ましい。なおその場合選考時における各部門の応募総点数を記入しておくこと。
8.応募作品の著作権は全て滋慶学園グループに帰属します。
9.最優秀賞受賞者は、作品のデータを提出。

※最優秀賞は職業体験セミナー報告書及び公式HPへ作品を掲載します

応募方法

■個人の場合
 郵送の時、上記《応募の決まり》の特に3、6に注意して送付のこと
 メールの時、上記《応募の決まり》の特に4に注意して送信のこと
■団体の場合
 上記《応募の決まり》の特に4、6、7に注意して、グループあるいは学校単位でまとめて郵送のこと

【応募および問合せ先】
職業体験セミナー事務局 作文・創作コンテスト 係
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-10-15 4F
TEL 0120-414-687  MAIL go@syokutai.jp
※受賞者(最優秀賞)の方は職業体験セミナー報告書及び公式HPへ掲載いたしますので作品データを提出していただきます

部門 (1)作文の部 (2)創作の部 (3)ポスター&スローガンの部

最優秀作品(大阪府教育長賞、総長賞)は、いずれもトロフィーを授与する。また副賞を授与する。
(但し一定の水準に達していない場合、該当者のない場合もある)

●最優秀賞
副賞・トロフィー
●優秀賞
副賞
●優良賞
副賞
※但し一定の水準に達していない場合、この限りではない

審査結果の発表

12月初旬、審査結果を受賞決定者のみ、本人または学校宛に連絡する

表彰式

第18回職業体験セミナー会場(大阪府立体育会館)で各賞を発表、さらに受賞者を招待し、表彰式を行う
但し、招待は各部門優秀賞以上の方(優良賞の方は発表のみ)とします