職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し
知られざる匠

 
知られざる匠01 2016.02.02

モノを作るのが好きだったから

歯科技工士になって10年になります。今は、おくだ歯科医院内の技工室でメタルンドポーセレンやインプラントをメインに「自費診療の補綴物のみ製作しています。
高校3年生の夏ごろ、「そろそろ進路を決めないと」という時期になって、候補にあがったのが「歯科技工士」と「建築」と「分析化学」。モノ作りがキーワードでした。ちょうど家から近いところに歯科技工士の学校があったので、まず近場からと体験入学に行ってみたら、簡単な研磨とか歯の排列の体験実習がうまいことできたんですよ。「これやったら向いてるんちゃうかな。」という直感と、指定校推薦があったのと、家が近い。結局、他の学校は見ずに決めてしまいました(笑)。

 
知られざる匠02 2016.02.02

患者の笑顔が見たいから…
今日も指先を研ぎ澄ます。

戦争や事故、病気で手足を失った人がいる。腰や関節がうまく機能しない人がいる。医師の指示のもと、それぞれの患者に適したオーダーメイドの義足や義手、装具を作る人がいる。それが義肢装具士である。 多くの患者を「元通りの生活」に近づけるべく活躍する義肢装具士の宮田誠さんに、この仕事の魅力やエピソード、職人としての心構えを聞いた。

 
知られざる匠03 2016.02.02

一分一秒を争う現場に駆けつけるスーパーマン

病気や事故は、いつなんどき誰の身に降りかかってくるかわかりません。そんな時、いち早く現場に駆けつけ、的確な処置を施してくれるのが救急救命士。
命の現場の最前線で活躍するだけに辛い思いや苦労は耐えませんが、その分やりがいもある仕事だと、とても頼りがいのあるイケメン救命士・能美さんは語ります。

 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。