職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し
知られざる匠

 
知られざる匠01 2008.04.01
骨折、ねんざ、腰痛、関節痛などに
専門性を生かし、地域の人々の健康に貢献
養成期間で3年間、解剖学など基礎科目と臨床系専門科目を履修し、国家資格を習得して研修を重ね「やっと一人前になれますが、多くの人から『ありがとう』と喜ばれる、素晴らしい仕事です」と胸を張る橋本吉史さんです。
 
知られざる匠02 2008.04.01
自分の手がけた予告篇が、観客数を左右する。この夏、あの男が帰ってくる―。
例えばそんなキャッチコピーと、印象的なシーンのカットイン。映画の予告篇は私たちにとって映画館に足を運ぶかどうかの最も重要な判断材料と言える。
そんな予告篇は、実は映画監督が作っているのではない。それ専門のクリエイターがいるのである。予告篇制作会社イメージ・フォースの川端さんに仕事にかける思いや、その流れを聞いた。

 
知られざる匠03 2008.04.01
天国と地獄を味わう世界。
これが漫画家という日常。
6畳一間のアパートから3LDKのマンションへ、のサクセスストーリー。しかし週刊誌から月刊誌に移籍し、かつてのマンションの目と鼻の先にある狭い部屋に引っ越しをする。それは「またあそこへ戻ってやる」という決意の表れだった。
 永吉たけるさんは若くして天国と地獄の両方を味わった漫画家。その酸いも甘いも身を持って知ったからこそ、更なる飛躍を目指して奮闘を続けている。漫画家という仕事の厳しさ、「だからこそ」のやりがいを聞いた。

 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。