職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し

話題の職業

精神保健福祉士 2019.01.29 UP


社会生活をサポート!頼れる存在!

長時間労働など働き方が問題視されるようになり、「働き方改革」に取り組む企業が増えてきましたが、ストレスから心を病む人は今も絶えません。心の問題とその重要性が叫ばれる昨今、これらをサポートする仕事の需要が急速に高まってきました。その中で、様々な精神障害を抱えた方々の社会復帰や社会参加を支援したり、ご家族と一緒に日常生活における問題解決の手助けをしたりする専門家が、精神保健福祉士です。同じソーシャルワーカーの国家資格として、社会福祉士がありますが、社会福祉士が福祉全分野を扱うのに対して、精神保健福祉士は、精神障害に特化して援助を行うという違いがあります。

なるには

精神保健福祉士になるためには、国家資格である精神保健福祉士の資格を取得しなくてはいけません。精神保健福祉士とは、精神科ソーシャルワーカーと呼ばれる職に就くため国家資格です。この資格が無いと精神保健福祉士と名乗ることができません。受験資格には福祉系の四年制大学や、専門学校、精神保健福祉士養成施設で学ぶなど様々な道があります。この職業は、人間が好きという人であれば更に奥深さを感じられる仕事で、患者さんのご家族のケアや住居、仕事、訓練、行政の補助制度の案内など、仕事内容は幅広く、多角的にものごとを見られる人、またコミュニケーションやネットワーク作りが好きな人も向いています。

やりがい

患者さんにしっかりと寄り添いながら、ともに悩みを共有し、課題を解決していく上で、患者さんや家族にとっては、精神保健福祉士はとても心強い存在になります。患者さんがより良い方向に進んでいく姿を見られることや、日々の変化を感じられることは、何ものにも代えがたい、やりがいとなります。また、相談業務を通して、患者さんの話を聞き多彩な人生を学ぶことができ、人としての幅も広がります。 以前は、精神保健福祉のサービスは、一般の人から遠く離れた存在といったイメージでしたが、今では、市町村に担当窓口が設置され広く利用されるように変わってきました。また、社会的にも精神障害の方の社会復帰を後押しをして、雇用や福祉を結びつけ仕事ができる場を増やす政策も進んでいます。このように変化する社会の中で専門的にサポートする精神保健福祉士の役割は、ますます必要とされ、大きくなっていきます。


精神保健福祉士の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04530/
精神保健福祉士の関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0030/gm0093/
精神保健福祉士の天職人情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/ob_show/jpsn00016/

関連職種
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。