天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

しごと進路相談
ミュージシャンになる夢があきらめきれません。
でも、大学を卒業してからでは遅いような気もします。

大丈夫だと思います。遅いとか違う仕事をしていたとか、自分のこれまでの経験のなかで判断したり、なんとなく世間に惑わされているというかマニュアル化してしまいがちで、私も考え方の癖があるので気をつけようと思うんですが、その考えは1回リセットしたほうがいいと思うんです。
 音楽だけじゃなくて、それはどんな仕事でもそうだと思います。頑張っている自分と頑張っていない自分を自分が一番わかっている。自分の胸に手を当てて「ここまで私はやったから後悔しない」と思えればいいと思うんだけど、そうじゃない、途中段階で諦めてしまったと思うのならば、そこは自分の気持ちに忠実に頑張っていこう。学校では学生たちにそう言っています。
やってみたければ、最初の一歩を踏み出す。遅いとかは関係ない。性別も年齢も関係ない。秋元順子さんのように50歳を過ぎてから歌手デビューした人もいるし、38歳で「home」デビューした木山裕策さんは会社員をしながら歌手活動をしているし、あのスーザン・ボイルだってそうでしょ? やりたいことが見つけられたのは幸せだと思うからこそ、頭のなかで考えているだけ時間が無駄になってしまうし、とりあえず、やってみる。それこそ“とりあえず“っていう言葉を使ってしまうくらい、「やってみること」が優先かもしれません。


回答:渡辺敦子さん 
ベーシスト/音楽プロデューサー「home」
元プリンセス・プリンセス リーダー
プリンセス・プリンセス解散後から音楽系専門学校の副校長を務め、教育にも力を注いでいる。

【Q&A一覧に戻る】



 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。