天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

しごと進路相談
コミックイラストレーターになりたいのですが、何をどうすればいいのか分からなくって、専門学校は、お金がなく、でも夢は諦めたくありません。どうすればいいでしょう?

イラストレーターを独学で目指される場合、雑誌や出版社で募集しているイラストコンクールで入賞したり、もしくは企業の募集に投稿することが一番の近道だと思います。
インターネットで「イラストレーター募集」と検索するだけでも、かなりの募集情報が出てきます。

入賞(採用も含む)するためにはまず、コンクールのテーマ、ジャンル、募集先が求めているカラーにあった作品を出品すること。
たとえば少年誌系と少女マンガ系では、選考基準も変わってきますし、コンクールを主催している会社、出版社でしたら読者層の見極めも重要といえるでしょう。(男性読者中心でしたら女の子を書くのが上手だと有利だったり、またその逆もあります)
ですので、目指されている出版社等があるのでしたら、そこに相応しい絵が描けるよう努力も必要ですし、希望がない場合は、自分の絵に近いところを探し、作品の投稿や持込みすることをお勧めいたします。
作品が溜まってきたらご自身でホームページを作り、作品を公開するのも良いと思います。
たまたま関係者の目に触れ、仕事へ繋がった人も実際にいらっしゃいます。

コミックイラストレーターを職業とするにあたり必要なのは
・画力
・人脈
この2つです。

漫画家の場合、多少絵が下手でもストーリーやコマ割でカバーできるのですが、小説や雑誌の挿絵、表紙などのイラストの場合、1枚(1カット)の絵で作品の世界観を伝えたり、読者のイメージ掻き立てるものでなければなりません。
そのためには画力や見せ方のテクニックは欠かせませんし、また、それとは別にその人(イラストレーター)にしか出せない個性(特徴、雰囲気。カリスマ性があればなお良し)も重要です。
次に人脈ですが、イラストレーターの場合、1つの出版社(会社)だけで仕事をしていくよりは、いくつかの出版社(会社)を掛け持ちする場合が大半で、各社に持ち込みをして仕事をとるよりは、担当者の紹介、あるいは作家仲間の紹介など、横のつながりから次の仕事に結びつくことが多いのです。
人との繋がりは大切にするよう、普段から心がけると良いですよ。

もし○○さんが画力そのものに自身がないのであれば、専門学校も進路選択の1つに入れておくことをお勧めいたします。
専門学校は、プロとして必要な技術を基礎学ことはもちろん、その人の武器となる長所の伸ばし方、苦手分野の克服方法など、必要なことだけを無駄なく習得することができます。
また、学校は業界との繋がりも深く、出版社が学校を訪れて作品を審査する、いわゆる「スカウトキャラバン」もたくさんありますし、一般募集以外の募集(急遽
単行本の発売が決まり、イラストレーターを探すなど)など、求人情報も豊富です。
どの出版社(会社)も優れた人材を求めているので、夢に向かって頑張っている人達の集まる「学校」は、人材発掘の場として必ず視野に入れています。
また、クラスメイトという同じ夢を目指す人との出会いは、良い意味でも悪い意味でも刺激を受け、作品づくりの成長にも繋がりますし、人脈も広がります。

私からはこの程度のアドバイスしかできませんが、また何かご質問等がございましたらいつでもご連絡下さい。
○○さんがプロとしてデビューできるよう私も応援しています。

【Q&A一覧に戻る】



 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。