天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

しごと進路相談
現在22歳で大学4年で就職活動をしていますが、何かぱっとせず、自分は何になりたいのかと考えなおすと、昔から憧れたアクション俳優になりたいという今まで隠してた気持ちに気付きました。
しかし体操経験はなく格闘技経験もわずかにあるくらいなのですが、今からでも目指せるでしょうか?

○○さん、こんにちは。
僕は、アクション俳優を15年程やっているKというモノです。
まずは、就職活動お疲れ様です。
自分が何になりたいか本気で考え、「アクション俳優になりたい」という自分の本心に気づいたとの事。非常に素晴らしいと思います。恐らく、日本中のほとんどの同級生達が、○○さんと同じように本当にやりたい事がなんなのかはっきりとは分からない、又は、分かっていても、その気持ちを抑えるか気づかないフリをしながら少しでも良い条件で入れる会社を探している事でしょう。
自分のやりたい事をしっかりと自覚し、それを目指して実際に行動できる人は、ほんの一握りしかいません。本当にやりたい事が自覚できたなら、是非それに向かって一歩を踏み出して頂きたいと思います。

「22歳という年齢からアクション俳優を目指して、遅くないか」という質問ですが、決して遅いという事はありません。
現在業界で活躍しているアクション俳優の中には、20歳を超えてからこの世界を目指した人が大勢いますし、僕が過去に指導した俳優の中には、40歳を超えて、前転もできない状態だったのに、バク転までできるようになった方もいました。
アクション俳優と一言で言っても、得意分野は様々なので、実はバク転などのアクロバットが全くできないアクション俳優も結構いたりします。刀の殺陣ばかりを専門にしている人や、危ないシーンのスタントを専門にしている人。
○○さんがアクロバットやスタントも視野に入れているなら、今日から倒立の練習を始める事をお勧めします。倒立は、全てのアクロバットの基本です。
始めは壁を使った倒立で構いません。それも辛ければ、壁に足をつけ、腕立ての状態で少しずつ壁を歩くように足を高くする・・・という方法を試してみてください。

後は、少しでも多くの作品を観てください。
ジャッキーチェンやトニージャー、邦画でも真田広之さんがアクションをやってた頃の作品は魅力的なモノが多数あります。「百地三太夫」や「伊賀野カバ丸」など・・・。

そして、やはり何処か適切な場所でアクションを習わない事には話になりません。
僕も西葛西にある東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校でアクションを教えていますので、まずは、体験入学などに参加される事をお勧めします。

【Q&A一覧に戻る】



 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。