天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

しごと進路相談
現在満33歳のサラリーマン(事務職)ですが
今さらですが手に職を持とうと思っています。
このサイトでいろいろ拝見させて頂きましたが
物を作るが好きなので歯科技工士に興味を持ちました。
専門学校は二年または三年
通わなければならないと聞いております。
専門学校卒業後、36歳ぐらいですが
遅すぎ(歳を取りすぎ)ないでしょうか?

歯科技工士は
高齢社会、治療の高度化・複雑化・多様化、健康意識の向上
世界的なアンチエイジングの波等々
将来有望な仕事のひとつですが、
残念ながら、国内では歯科技工士数がどんどんと減少してきています。

理由は、安易にできるサービス業や契約・派遣の仕事が増え
経験を積み重ねて仕事になる、もの作りを志す人が減少、
例に漏れず、歯科医療を技術で支える歯科技工士を希望する方も減ってきました。

しかしこの事は、これから歯科技工士を目指そうとお考えの方には
逆に絶好のチャンスではないでしょうか。

これまでは、年齢が就職の際にハンディになることがありましたが
(どんな仕事でも、年齢が高くなれば生じることですが)
上記のような人手不足や、業界のニーズや現状を考慮すると
他職に比べ、就職の門戸は広がっています。

現実的なところでお話しをいたします。
このご質問をいただきまして、
国内で最も大きく、毎年最多の国家試験合格者数を輩出している
新大阪歯科技工士専門学校(大阪市の東三国駅にあります)に
社会人の方の入学について問い合わせたところ
入学者の4割が社会人経験者ということでした。

特に2部という学部では、即戦力になれるという理由から
7割がの方が社会人経験者で
人生のステップアップを目指して
学んでおられるとのことです。
(今年の入学生の最高年齢は43歳、30歳代も十名程入学されているとのこと)

また、学校よりメッセージがありますので
お伝えしておきますね。

「一度、社会に出られて歯科技工士を目指す方は、
少しでも早く資格を取りたいと2年制を希望される傾向がありますが、
歯科技工士は、技術職、できていくらの世界でもあります。
なので、在学中に学校から紹介する歯科技工所などで臨床研修を受け
実務経験を積んだ上で卒業し業界に出て行く2部の方が、
1年修業年数は長くなりますが、就職でもはるかに有利になります」
・・・とのこと。
ぜひ参考にしてください。

ありきたりですが、百聞は一見にしかず
一度、オープンキャンパスにご参加されてはいかがですか。
実際に歯科材料や器材を使用して実習ができますので
一番大切なご自身の適性判断の参考になると思います。
参考ページ
http://www.sdtc.ac.jp/taiken/index.html

【Q&A一覧に戻る】



 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。