私がキラキラ輝く仕事をみつけたい。未来を夢見る女子の天職発見ナビ!

撫子隊員のお仕事ブログ
ブログ内検索
 
なると撫子
(天職みつけ隊特別隊員)

今は働く女性が世の中のキーになる時代! 天職をみつけ隊の女子隊員が、女子の仕事・資格、仕事で輝く女性天職人をレポートします!

<< 2015年09月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
映画『チャンス商会〜初恋を探して〜』
2015.09.30   MOVIE

今日は最近「泣けた」映画をご紹介したいと思います。

撫子も、映画のエンディングで涙がじわっと…。とてもせつないのですが、愛の力ってステキだなと思える映画でした。

それが、9月25日から全国で順次ロードショーされている韓国映画『チャンス商会〜初恋を探して〜』です。


映画はこんなストーリー。

主人公はチャンスマートで働く頑固者のおじいちゃん・ソンチル(パク・クニョン)は、町で再開発に反対する唯一の人物でもある。そんなソンチルが一人で暮らす家の向かいに引っ越してきたのが、花屋を営むグンニム(ユン・ヨジョン)。引っ越しの挨拶でも、家の前で会っても、ツンケンとした態度をとるソンチルとは対照的に、そんなソンチルにグンニムは優しく好意的。ある事件がきっかけで、二人は食事に行くことになる…。

一見、乗り気じゃないように見えたソンチルが、チャンスマートの社長のチャンス(チョ・ジヌン)に、デートの仕方を教えてもらうシーンは、初めてのデートをする男の子みたいにかわいかったです。町中の応援を得て、デートは無事に終わります。そしてその後も二人は、チャンスの娘アヨン(ムン・ガヨン)とボーイフレンドのミンソン(チャンヨル/EXO)の高校生カップルと一緒に、遊園地に行ったり、ポップコーンを食べながら映画を見たりと初恋のようなデートを楽しむんですよ。これがまたカワイイんです。

 でも「もしや、ソンチルに町の再開発の書類に印鑑を押させるために、町中の人が、またグンニムもグルになっているのではないか?」と思ったり。私って腹黒い(笑)。

しかし、グンニムが突然の発作で倒れてしまいます。そこで、ある『真実』が!!!!!

思いも寄らなかった展開に、そうだったのか!と思いました。この後は、ぜひ、映画を観てください。

メガホンをとったのは、カン・ジェギ監督。『シュリ』のアクションシーンの印象が強いのですが、こんなにやさしい映画(それだけではなく、切なさ、悲しさも描かれています)も撮る監督だったんだと驚きました。

思いも寄らなかった展開に、そうだったのか!と誰もが思うはず。この後は、ぜひ、映画館で!!





『チャンス商会〜初恋を探して〜』


監督:カン・ジェギュ

出演:パク・クニョン、ユン・ヨジョン、チョ・ジヌン、ハン・ジミン、チャンヨル(EXO)

2015年/韓国映画/111分/配給:CJ Entertainment Japan

オフィシャルサイト 
http://jangsumart.jp

© 2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

◎上映中(9/25からTOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ梅田ほか全国順次ロードショー)


(記事:FUMIYO KAZAMA)

映画に関わる仕事はコチラ!

映画監督  映画俳優



 
キラキラネーム
2015.09.09   インタビュー
みなさん、こんにちは!

楽しかった夏休みがあっという間に終わり、2学期がスタートしました。

これから秋に向けて、文化祭や体育祭などイベントがたくさんありますね。
もう準備で忙しいっ!!という人もいるのではないでしょうか?

秋のイベントの準備、
撫子は勉強していることを活かして、学生さんが出演するミュージカルのパンフレットを作るお手伝いをしています。

そこで気になったのが、出演者の方々の名前!
「あれ? なんて読むのだろう?」という名前がたくさんあるのです。
まるで芸能人や作家のペーンネームのような名前がズラリ!

これが 
キラキラネーム

キラキラネームを知らない人のために簡単に説明すると、
・読めないような当て字
・外国人の名前に漢字を当てた名前
など、一般的にみて奇抜な名前をキラキラネームと言うのだとか。
マンガやアニメの主人公の名前に漢字をあてたものなども含まれるのだそうです。

芸能人のお子さんたちの名前はよく話題にのぼりますね。

希空(のあ)ちゃん、宝冠 (てぃあら)、空詩(らら)ちゃん…。

ふりがながないと読めないけれど、漢字も響きもすごくかわいい、素敵な名前だと撫子は思います。
だって、お父さん、お母さんは、可愛い子供に一生懸命考えて名前をつけてくれるもの。
私は「撫子」という名前が大好きです。
でも母は「私の同級生には「◯子」ほとんどだったけれど、今の子供達には珍しいくらい少ないのね」
なんて言っています。

名前も時代によってどんどん変わるんですよね。

江戸時代の男子は「××ザエモン」、「××ノシン」「××ジョウ」、「××エモン」、「××タロウ」、「××ジロウ」とか、
女子は
名前の頭に「お」をつける「おまつ」、「おくま」、「およね」、「おぎん」(くノ一みたい!)のように、縁起のいい松竹梅や、動物などの名前もありました。

そんな江戸時代にも、子供に珍しい名前をつけようという現象はあったようです。

また、作家の森鴎外は世界に通用する名前を!という考えで、
子供たちに「茉莉(マリ)」、「杏奴(アンヌ)、「富(トム)」、「礼於(レオ)」という名前をつけたそうです。

ちなみに2014年の人気名前ランキングは以下の通りです。(たまひよ2014年人気名前ランキング 株式会社ベネッセコーポレーション)
男の子  1位 悠真(ゆうま、はるま)
女の子  1位 陽菜(ひな)



さて、撫子も名付け親になったことがあります。
それは、小学生の時に飼いはじめた我が家の犬。里親探しの会で母が見つけた茶色の雑種。
家に来た赤ちゃんのときにオデコがボコッと出ていたので
デコ」ちゃんにしようと、単純な理由で決まったのでした。

ちなみに、アニコム損害保険株式会社が行った調査「犬の名前ランキング2014」の上位5つは以下の通り。
1位 ココ  2位 チョコ  3位 マロン 4位 モモ  5位 モコ

みなさんの家のペットの名前は上位に入っていましたか?

さて、ここまで来て、名前に興味がわいた人へ!
「名前に関わる仕事」「名付け親になる仕事」があります。

商品に名前をつける仕事=ネーミングです! 
この仕事に関わるのは、商品のメーカー(製造元)や、広告代理店などのマーケティングの仕事、
そして広告の文章を考えるコピーライターなど。
コピーライターのなかには、ネーミングを専門にしている人もいるのだそうです。

「名前」によって商品が大ヒットしたり、まったくしなかったり。「名前」って本当に大事なんですね。

その証拠に名前を変えて大ヒットした商品もあるんです。

皆さんもよく知っているネピアの高級ティッシュペーパー「鼻セレブ」は、「モイスチャーティッシュ」という名前だったそう。
うーん なるほど!! 
「鼻セレブ」のほうが高級感が感じられるし、商品を使ってみたい気持ちになりますよね。
また、お父さんがよく履いている靴下「通勤快足」は「フレッシュライフ」っていう名前だったそう。
名前を変えて売り上げが10倍になったんだそうです。
「通勤快足」は電車の「通勤快速」を一文字変えただけで商品のイメージが伝わるし、
何よりインパクトが全然違います。
そして、頭にスーッと刷り込まれる(覚えてしまう)というのも、大切なんですね。


名前って面白いですねー!!

撫子は小林製薬の「のどぬーる」とか「熱さまシート」とか、そのままのような面白いネーミングに興味があります。

今度は是非、名前を付けるネーミングの現場見てみたい! またまた、取材したい仕事が増えました!




そういえば撫子の仲間「天職みつけ丸」クンも「資格とる蔵」クンも、江戸時代のような名前ですね(笑・失礼しました)。


ライターの仕事  ●広告の仕事  










  
 
Copyright (c) 2014 職業体験ネット All Right Reserved.