天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

デザイン業界>服飾・雑貨デザイナー>

ジュエリーデザイナー

和田玲子(わだれいこ)さん
イタリア語で「秘密」を意味するジュエリーブランド「segreto」代表。全国9店舗で取り扱い中。クライアントのイメージを形にするオーダーメイドジュエリーが評判。熱狂的なファンも多い。
外見だけじゃなく
内面にも輝きを!

ジュエリー会社のイメージにあわせてデザイン画を描いたり、自らのブランドを立ち上げたり…。ジュエリーデザイナーの仕事はいろいろあります。今回は、会社のデザイン部門につとめながら、自分のブランドを手がける和田さんにインタビューしました。



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>きっかけ
出会いはアクセサリーのショールーム。
アクセサリー会社で働きはじめたのが21歳の頃。最初はショールームのスタッフで、デザインとは接点がなかったんですが、ある時「プレゼンで商品が足りないから何か作って」とチャンスが来て…。それで、わたしの作品が採用されたんです。「和田さんのやつが決まったわ」って言われた瞬間「天才かも」ってひとりで勘違いしました。(笑)それがジュエリーデザイナーになったきっかけです. 

>>仕事について
勤め人として、作家として…。
ジュエリー製作の基礎を覚えて、1年で独立しました。それから8年…再び同じ会社からお声をかけていただいて、今はそちらに週2日出勤しています。以前は販売スタッフでしたが、今回はデザイナーとして入りました。
会社ではイメージを画に起こしたり、サンプルを作ったり、会社の注文に応じたジュエリーをデザインしています。家では、自分のブランドのジュエリーを製作しています。会社なら外注に出すような仕事もすべて自分ひとりでやるので内職のような感じですね。修行僧のように、ひたすら作っているうちに、集中力がビックリするくらいアップしました。夜中11時頃から製作をはじめて、一段落ついたら寝ようと思って、気づいたら朝の7時だったこともあります。 

>>こだわり
ジュエリーを通してお客様とつながる心
自分のブランドの作品はぜんぶ自分の手で作りたいというのが、こだわりです。外注に出したほうが効率が良いんですが、私自身が心をこめたという「温かさ」をお客様に伝えたいから。
自分のブランドは全国9店舗で販売しているんですが、遠くへ引っ越されたお客様から「近くのショップで和田さんの作品を見つけました。和田さんが作ってるって思うとうれしくなりました」って言葉をいただいて。
すべて自分の手で作ったジュエリーだから、お客様と何かが繋がるような気がするんです。その感覚を大切にしています。 

>>こんな苦労も
ひとりのアナログ作業。
〆切が毎月20日なので、19日までに各店舗に発送します。値段を決めて、タグをつけて、カタログを作って、梱包してという作業があるんですが、製作で腕がパンパンになってる時期なんで大変です。
また、店舗毎に手紙をいれてるんですが、手書きなので最後はミミズみたいな字になります。アナログな人間で現代人じゃないんですね。まわりからは要領が悪いっていわれるんですが「ボールペン字ならったし…」とかいろいろ考えて手書きにしたんですよ。すると名古屋の店長や東京の方から「業者さんはふつうパソコンだけど、和田さんの手紙は味があって、スタッフのあいだで受けてます」って言われて、やめられなくなったんです(笑) 

>>やりがい
ジュエリーの輝きが花嫁を照らす時。
完成したときの達成感はすごいです。
自分のブランドでは、ウェディングのコスチュームジュエリーのオーダーも承っているんですが、花嫁さんと一緒に考えながら作ったものを、結婚式で見る時はやっぱり感動しますね。ウェディングは、花嫁さんがキラキラ光ってるようにして欲しいというリクエストが多いので、スワロフスキーのクリスタルを使うんですが、ライトに照らされ輝いてる姿をみて「トータル的に完璧!」と思えた時は、歓喜の涙が流れるくらいやりがいを感じます。 

>>エピソード
天職人が語る適性タイプ。
なんでも楽しめる人、ポジティブなほうがいいです。「これあかんわー」とか言ってたら一個も出来上がらないので。あと、いい方向に思い込みが激しい人。自分に自信を持つことが大事です。
まだデザインの仕事をしたことがなかったとき、外のお店の人が私のつけてるジュエリーを見て「どこで買ったんですか」って聞いてきたんです。それは本当に自分で製作したものだったので「作ったんです」って答えたんですが、製作自体はほとんど未経験。すぐ会社に帰って直属の上司に「こんなこと言ってしまったんで教えてください!」って工具の使い方を教えてもらいました。最初はハッタリからでしたが、それが本当になったんです。だから、「私はできる!」という自信を持つことが大切ですね。 

天職人データ
収入: 35〜50万円。月によって波がある。多めに利益が出たら素材費用にまわす。
趣味: お風呂にいろんな入浴剤をいれること。
勤務時間: 一応土曜日が休み。しかし丸一日アクセサリーに接しない日はない。


使う石、パーツはピルケースにいれて整理。


打ち合わせやオーダーに訪れるお客様に手書きのメッセージ。


どれも思い入れがたっぷりの作品です。


表現の幅は無限に広がります。

 

天職人データ

11時
アトリエへ
会社があるときもアトリエによる。
 
13〜16時
お客様と打ち合わせ
2、3時間かけながらゆっくりと、お話しながら考える。
 
16時〜
仕入れへ
ヒマがあればアクセサリー屋さんに入って流行をチェック。
 
19時〜 
自宅で製作
深夜3〜4時におよぶこともザラ。

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。