天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

ダンス業界>プロダンサー>

バックダンサー

井手利江子(いでりえこ)さん
ショクギョウ:バックダンサー/フリー
学生時代の経験は全て大切です。

学校に入ってよかったのは、やはり友達に恵まれたこと。お互いにダメだししたり、「あの動きはよかったよ」と、いい所は認め合ったり。同じ目標を持っているからこそですね。ダンススタイルも友達がカッコよくキメていると「私も負けられない!」とまた燃えてきて頑張りました。いろんな意味で刺激を与えてくれる存在でした。今でも仲間だし、いい意味でのライバルです。



学べる学校一覧

>>きっかけ
憧れは 安室奈美恵さん。
幼稚園からバレエを始めていたのですが、あまり好きになれず(笑)・・・。中学時代には安室奈美恵さんに憧れていて、近所のダンス教室に通ったりもしていました。そのダンス教室の先輩が高校を出たら専門学校に進学して本格的にダンスを勉強するんだと話してくれたことで、初めてダンスの専門学校があることを知ったんですね。私もそんな進路を選びたいなと思っていました。
高校3年生になって、念願の体験入学に参加し、もうその場でその学校に入学することを決めました。設備や先生達の雰囲気に圧倒されたし、在校生達の熱気がものすごかった。私が当時通っていたような町のダンス教室とは全然レベルが違っていて、衝撃を受けました。それに、礼儀がすごく良かったんです。大きな声で「おはようございます!」って初対面でもとにかく気持ちの良い挨拶をしてきてくださったんです。
今思えば、挨拶がきちんと身に付いたことも大きいです。とくに私の所属していたコースは先輩後輩の上下関係がしっかりしていて、礼儀に対しても先生より厳しいくらいでした。でも、そのことが今、社会に出てとても役立っていて、業界での良好な対人関係を築くことができています。 

>>こんな苦労も
大好きなダンスで食べていきたい!
学校は大阪だったのですが卒業後、東京に出てきました。先生や先輩などに声をかけてもらいながら、徐々に色々な舞台で踊らせてもらっている感じです。この世界では自分で動かなければチャンスがありません。オーディションの情報を入手してはチャレンジするという繰り返しです。「東京へ行けばもっとチャンスがある!」と思っていただけに、この世界の厳しさもひしひしと感じます。でも、自分が大好きなダンスでお金をもらえる。これは、他のアルバイトでお給料をもらうのとは全然違う感覚なんです。だから、私はできる限り、ダンスで食べていけるように頑張りたいと思っています。 

>>やりがい
もっともっと、色々なことに挑戦したい。
自分のダンスを人に見てもらえるのは、何ともいえない歓びがあります。本来、注目されるという点ではひとりで踊るのが最高ですが、仲間と一緒に踊るのも楽しいです。喋っているわけではないのに、お互いの気持ちが通じ合うというか、みんなも楽しんでいることが伝わってくる。ダンスの技術を信頼し合えるから、安心して楽しみながら踊れるだと思います。大好きな瞬間です。
でも、決して毎日が充実しているわけではありません。気持ちばかり焦って、思うようにならないこともある。でも、だからこそ、もっともっといろんなことに挑戦していきたいですね。たとえばバックダンサーもやってみたいし、自分達で企画した舞台を自主公演で立ち上げるというのも今の私の目標であり、夢でもあります。 

>>最後に
これからダンサーを目指す人へ。
「私はヒップホップがやりたい。」「ジャズが好き。」など、想いはあると思うのですが、ダンスの学校ではあらゆるジャンルのリズムやステップが学べます。将来の基礎となる部分がたくさん詰まっているので、興味が無いからといって視野をせばめると、もったいないことに。特にバレエはダンサーの基本中の基本なので、好き嫌いに関わらず一生懸命取り組んでほしい。それに、自分にはこれしかないというより「これも踊れる」「あれも踊れる」というほうが、後々、自分のダンサーとしての幅を色々な意味で広げることにつながっていきますから!将来、ダンスでやっていけるかなという不安もあるかもしれませんが、好きならばチャレンジしてください。 





学べる学校一覧
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。