天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

音楽業界>舞台音響>

PAエンジニア(舞台音響)

久保 恵梨子さん
ショクギョウ:PAエンジニア(舞台音響)/サンフォニックス株式会社(各テレビ局やイベント会場への楽器のレンタルや音響業務などを行っている会社)
実践的な授業で身につけた
「現場力」が役立っています。

PAのプロになるぞと就職活動をしていたのですが、気がつけば、楽器レンタルの仕事をしていました。きっかけは夏の体験入学。楽器の面白さに魅せられ、その道のプロへ、今ではこの仕事が「天職かも」と思っています。



学べる学校一覧

>>職業について
楽器の種類が多く、覚えるのは大変。
楽器レンタルの仕事は、楽器の種類が多くて覚えるのは大変ですが、色々な楽器を見られるし普段は見られない民族楽器などもあるので楽しいです。
現在はテレビ局担当の部署に所属していて、テレビの歌番組などに楽器のレンタルをしています。現場ではステージのソデで舞台監督さんやアーティストと会話をしたり、ステージの転換をしたりで動き回るのが好きな私には天職かもしれません。
今はデスクワークが中心になっているのであまり現場に出られませんが、将来的には現場で機材のセッティングや、転換、楽器のチューニングなどをやっていきたいです。 

>>きっかけ
小学校の合唱部に入り、音楽に興味。
音楽に興味を持ち始めるきっかけは、小学校のときに合唱部に入ったことでした。当時はSPEEDが好きで、年齢はあまり変わらないのに凄いと思いながら見ていました。音楽を仕事にしたいと思い始めたのは、高校1年生のときです。夏にライブを見に行って、始めはライブ会場の照明が綺麗で、照明をやりたかったんですけど、高い所が苦手なので諦めました(笑)。それでも、とにかくコンサート関係の仕事がしたいと思っていたので、友達や先輩に色々と聞いたところ、私の先輩が専門学校でPAをやっているというお話しを聞き、その時に初めて、PAという仕事の存在を知りました。 

>>エピソード
進路を考えたのは高校3年生のとき。
高校3年生のときに本格的に進路活動をするにあたってこだわったのは、自分が勉強する環境でした。どうせやるなら楽しくやりたい!という気持ちがあったので、まずは先輩が通っている渋谷の専門学校の体験入学に参加しました。体験入学でPAの授業を受けて「これだ!」と思いました。学校の雰囲気や先生と学生とのアットホームさ、何より大好きな音楽が町中に溢れている渋谷という町が気に入り、渋谷にある学校に決めました。ライブハウスが周りに多くあるのもそこに決めた理由の一つですね。 

>>最後に
ステージの楽器担当がきっかけで楽器に興味。
私はじっとしているのが苦手なので、現場での実習授業や“企業プロジェクト”でプロのアーティストの現場で行う授業が好きでした。将来は絶対PAのプロになるぞ!と思いながら就職活動をしていたのですが、第一希望の会社に落ちてしまい落ち込んでいました。時期的には就職活動中の夏だったのですが、学校が好きだったので夏の体験入学のスタッフを毎日やっていました。その時にステージ上の楽器担当としてスタッフをしたのがきっかけで楽器に興味を持ち、もっと楽器について勉強してみたいと思いました。そんな時にキャリアセンターからの紹介で、楽器を扱う会社があるけど研修に行ってみないかと声をかけていただきました。それが、現在、私が勤めている会社です。 


毎日大好きな楽器に触れられるこの仕事が大好きです。


学べる学校一覧
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。