天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

健康・スポーツ業界>スポーツトレーナー>

スポーツトレーナー

武市 あゆみさん
柔道部マネージャーをしていた高校時代の苦い経験をバネに、スポーツトレーナーを養成する学校に進学。現在は、メディカルトレーナーとして実業団ラグビーチーム“近鉄ライナーズ”で活躍中。また、アスレティックトレーナーの資格取得のため、チームの試合が無い日は、トレーナーとしての能力を向上させるため、母校の勉強会へ積極的に参加している。
よいチームをつくるために
一人一人の選手と向き合いたい

現在、社会人ラグビーチームのメディカルトレーナーとして、水分補給の準備、リハビリや治療補助など、試合中に最高のパフォーマンスを発揮できるように選手達を支えている武市さん。
選手とスタッフが一丸となり、同じ目標に向かって強いチームを作り上げていく・・・武市さんの大きなやりがいにつながっているそうです。



学べる学校一覧

>>きっかけ
悔しさがバネとなって目指した
スポーツトレーナー
 高校時代、柔道部のマネージャーをしていたのですが、ある大事な大会で、先輩の一人が膝の靭帯を切る大ケガをしてしまったんです。専門知識が何もなかった私は「大丈夫ですか?」と声を掛けながら、ただ手を握ってあげることしかできなかったんです。
 試合が終わってから、「もし応急処置の知識があったら・・・。自分に出来ることは、本当になかったのか?」無力な自分がとても嫌でした。でも、このこと以来「応急処置やリハビリという点からもスポーツ選手を支えることのできる、スポーツトレーナーになりたい」と思う様になったんです。 

>>学生生活
今の自分を形成した
出会いの数々
 高校卒業後は、スポーツ系の専門学校に入学しました。ボディコンディショニング、ケガの応急処置、リハビリの種類など、スポーツトレーナーに必要な実習や授業を受けました。中でも、様々な分野で活躍されている先生方と出会い業界の生の声を聞かせて頂けたのはとても貴重な経験でした。
 というのが、私が通っていた学校では、頻繁にトレーナーの勉強会が開催されていて、医療やスポーツ業界で活躍するプロ達も多数参加されていました。学生でありながら、卒業生をはじめ、現場で働く先生方と直接お話できる機会が得られましたし、仕事に対する取り組みや経験談は参考になることばかりでした。先生の言葉は、今の活動にもリンクしていることがたくさんあって、社会に出てからも十分に活かせる知識を身につけることができました。 

>>仕事について
セルフケアの意識を向上させたい
 現在は、選手が最高のパフォーマンスができるように、水分補給の準備や、鍼灸の治療、マッサージ、電気治療などの補助をしています。
 私達トレーナーは、「選手に何かしてあげたい」という気持ちを強く持ってはいるのですが、全選手の詳しいケアにまで目を行き届かせるというのは難しいことなんです。そこで、選手にトレーナーの知識を少しだけ勉強してもらい、自分で処置できるようにする“セルフケア”を選手一人ひとりに実践してほしいと考えています。ラグビーは、コンタクトスポーツ(衝突が多いスポーツ)なので、試合や練習による怪我というものは防ぎようがないんです。でも、選手自身が知識をもち、小さな異変にも気づいて、自身で処置することができれば、大きな怪我を未然に防ぐことができるはずです。今後、セルフケアをチームに普及させるためにも勉強を重ねて、教えられる立場になれるように頑張っていきたいです。 

>>やりがい
最高のチームメイト達に囲まれて
 現在のチームメンバーやトレーナー達は、みんな理解のある方ばかりなので、組織として団結力があり、まとまっています。色々なトレーナー部門からアイデアを出し合い、良い方法やトレーニングメニューを考案できる環境がありますし、選手達も私達が考案したメニューに意欲的に取り組んでくれています。チーム全体が一つになり、同じゴールを目指しているという感じですね。
 選手本位ではなく、スタッフを含めて“チーム”であるという雰囲気がトレーナーとしてのやりがいに繋がっているんです。
 今後の目標は、チームがトップリーグに上がることなので、全力でサポートしていきます! 

>>プロとして
社会人になっても勉強の日々
 学生時代の勉強は、プロとして働くための基礎をしっかり学ぶステージです。しかし、実際の現場では、それ以上のことが求められます。足りない知識と技術を習得するために、試合が無い日は、母校での勉強会に参加しています。
 会では、理学療法士の方が講師としてお越しになり、病院で実施しているケアや、リハビリ前段階の処置法などを教えて頂いています。また、現場で活躍されているスポーツトレーナーをお招きした時は、肩や膝など身体の部位別のケア方法や、ケガの予防のトレーニング方法など、実践的な勉強をさせて頂いています。
 また、会には、学生時代の先輩が参加されている事も多く、その先輩方から、更に先輩を紹介して頂いたりと、知識だけでなく人脈も広がっていきます。活躍する場所は様々ですが、一つひとつの出会いがプロとしての意識を高め、私自身も成長させて頂いていると思います。 

>>メッセージ
スポーツトレーナーという仕事
 今は、サポートという形ですが、将来的には、一人でトレーナーとして立派にやっていけるようになりたいと考えています。
 この仕事は、華やかそうに見えて、凄く大変な一面もあります。しかし、試合で勝ったり、選手のケガを治したりと、頑張った分だけいい結果が出た時は、とても大きなやりがいを感じられます。
 もしトレーナーを目指している方がいたら、「選手に対して何ができるだろうか」を念頭におきながら、試行錯誤していくと絶対やりがいを感じる職業だと思います。是非頑張ってくださいね。 


“ラグビーの聖地”近鉄花園ラグビー場が練習場です。


トレーナーの必需品であるテーピング。


テーピングは、ケガによる体への負担を軽減させます。


学べる学校一覧
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。