天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

美容業界>エステティシャン>

エステティシャン

高橋明菜さん1985年11月生まれ
高校卒業後、2年制の美容専門学校に進学。半年間、美容全般の基礎を学んだ後、「エステティシャンを一生の仕事にしたい」という思いからエステ専門コースに進む。学校推薦で男性エステや海外進出にも積極的な株式会社シェイプアップハウス(エステティックサロン等経営)に就職、3年目を迎える。
プロとして信頼を得るためには、
自分を磨くことが大切

人を美しくする職業、エステティシャン。「美容に関する専門的な知識や技術だけでなく、お客様のカウンセリングから、普段のスキンケアや食事・運動法に至るまで、アドバイスするためのコミュニケーションスキルも大切」と語るのは、エステティシャンとして活躍中の高橋さん。実際の現場で様子を伺いました。



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>きっかけ
自分の手で美を作っていく
 昔から「お客様だけでなく自分自身もきれいになれる仕事に就きたい」と考えていました。そこで、メイク、ネイル、エステなど美容全般を学ぶことができる美容専門学校のトータルビューティ科に進むことに決めました。入学当初は、漠然とネイリストになりたいと考えていましたね。ところが、授業で習ったエステマッサージを学生同士で実践する授業があったんです。教わった通り施術すると、自分の手によって驚く程に顔の輪郭がすっきり変化していくのを目の当たりにしました。その時に、本格的にエステの技術を習得したいという気持ちが強くなり、エステティックを専攻(エステティシャンを志望)、この世界と出会うきっかけになりました。
学校の授業はもちろん、研修にも積極的に参加しました。一番印象に残っているのは、エステの本場、パリ研修に参加したこと。フランスでは、エステティシャンは国家資格で、エステ協会認定の資格を取得した後は、美容関係の企業へ勤務したり、自らサロンを開業したりするんです。それに、エステはごく普通にパリの人達の暮らしの中にとけこんでいることにも驚きました。
 日本では、まだまだフランスほど日常生活の中にエステが浸透していないのが現状です。しかし、日本人の美に対する意識は非常に高くなってきているので、日本でも近い将来、フランスのようにエステが身近な存在になると思っています。この研修は、今の自分の基盤になっているといってもの過言ではない大きな経験ですし、エステの世界をもっと突き詰めたいという気持ちになりました。 

>>職業について
「おもてなし」の精神を忘れずに
 エステティシャンの仕事は、フェイシャルケア、ボディケア、脱毛、痩身、カウンセリングなど多岐にわたります。その一部だけを手がける店もありますが、学校での会社説明会で、すべてをトータルに手がけ、今後ニーズが広がるであろう男性を対象にしたエステも取り扱っている現在の会社を選びました。入社1年目はとにかく業務を覚えることに必死でした。
 まず、施術の準備や後片付けを徹底的に学び、お客様へのマッサージや脱毛などの難しい施術も担当、今ではカウンセラーとしてお客様のカウンセリングを担当させてもらえるようになりました。
仕事を始めて感じたことは、お客様に最適な施術をするだけが仕事ではないということです。弊社の社長は「日本に受け継がれてきたおもてなしの精神に、最先端の技術・機器が加わり、海外でも決してまねのできない最高のエステが生まれる」と申しております。確かにフランスで受けたエステの技術は素晴らしいものでしたが、日本のエステほど行き届いているとは言えませんでした。日本人ならではの、細やかな心づかいや、丁寧な対応があってこそ、お客様に快適な時間を過ごしていただくことができ、美しく変化していただけるものだと考えています。 

>>こんな苦労も
信頼していただくために
 私たちの仕事は、カウンセリングを通して、お客様のご希望やお身体の状態をきちんと把握することから始まります。それを踏まえ、お客様に最適なコースの提案をしていくんです。
 新人の頃は、説明不足から「本当にきれいになれるの?」「シミは一回の施術で取れないの?」とお客様を不安がらせてしまったこともありました。こうなるとお客様のモチベーションも下がり、効果が出にくくなってしまいます。「どうすれば信頼していただけるのか」と、本当に悩んだ時期もありました。
 しかし、接客を重ねていくうちに、お客様が何を求めてサロンに来店されているのかを察知できるようになり、その方その方に合った接客や指導・提案を行うことができるようになっていきました。そうしたら自然とお客様と信頼関係を築けるようになりました。 

>>やりがい
健康に、
美しく生活していただきたいから
 あるお客様が、「痩せられるかしら」と半信半疑のまま入会されたことがあったんです。私は、生活リズムや食生活などをじっくりお伺いして痩身コースをご提案しました。そのお客様はしっかりと指導を聞いてくださり、プログラムに沿って努力してくださいました。その結果、5キロ、10キロと健康的に痩せていかれたんです。美しく痩せられたお客様が「健康診断の結果も良くなりました。ありがとう」「あなたの手はやわらかくてマッサージに向いているわ。気持ちいい」とお声をかけてくださった時は、本当にうれしかったです。もっと努力しようという意欲にも繋がりますね。
 美容って体の外側だけでなく、内側からも作るものなんです。お客様の気持ちをくみ取りながら、最高の技術で効果を上げ、美しく健康になって心にゆとりをもって日々の生活を送っていただく。エステは多くの人に喜びをもたらす、本当にやりがいのある仕事なんです。 

>>最後に
技術、心、マナー・・・自分を磨く
 将来的には自分のサロンを持ちたいという目標があります。まずは日々経験を積み、CIDESCO(シデスコ/国際エステティシャン資格)という取得にも挑戦しようと思っています。また、お客様に「あなたにお任せしたい!」と言って頂けるようなエステティシャンになりたいと思っています。そのためには、お客様と一対一で向き合い、心からの満足を得ていただけるサービスを提供することが大切だと考えています。それには細やかな気遣いとお客様一人ひとりを大切に思う気持ちが必要です。
 それに、これからは年齢や性別を問わず多くの人が気軽にサロンへ通うような時代になるので、幅広い層のお客様に対応できる教養を身につけることも大切。エステティシャンは自分を磨いてこそ、「あなたにお任せしたい!」と安心して通っていただけるようになると思います。だから、私はそんな人になれるよう日々努力しています。 

天職人データ
収入: 事務職より多く、一般の営業職と同じぐらいです。弊社は管理職になると歩合制給与になります。
勤務時間: 早番か遅番のシフト制。8時間勤務。休みは月に8〜9回。
趣味: 読書。休日は友人とショッピングや食事を楽しんだり、ときには他社のエステを受けて勉強することもあります。


施術の際に使うローションなど。用途やお客様の好みに合わせて使い分けます。


施術時間を計るタイマーや、書類に押す印鑑、産毛を抜いたりするピンセットなど、いつも携帯しているアイテムです。


働いている店舗の受付と待合室。ゆったりとした気持ちでお待ち頂きます。

 

天職人データ

9:00
起床
身支度をして自宅を出発。
 
10:30
出社
制服に着替え、髪の毛をまとめて清潔感のある身だしなみを心がけます。
 
11:00
朝礼
朝礼で今日の予約状況を確認。スタッフ同士で情報を交換します。
 
11:30
勤務開始
ご予約のお客様に施術。
 
12:00
合間を見て次のお客様の技術の準備をします。
 
15:00〜17:00
休憩
 
21:00
終礼
片付けや掃除をして退社。

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。