天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

農業・フラワー業界>ガーデンデザイナー>

ガーデンデザイナー

田中明男(たなかあきお)さん1954年大阪生まれ
花や木々が好きだったことから、大阪万博の年に園芸高校に入学。大学卒業後、荒木造園、曽根造園(京都・大阪)で修行。現在は(株)田中造園土木の代表取締役。2008年4/18〜20に大阪鶴見緑地公園で開催される大阪フラワーガーデンショー2008にてメインのテーマガーデンを手掛けられる予定。
“木々と対話”時代が求める
注目の職業!ガーデンデザイナー。

庭に植えるとき、木と話をします「ここで育てる? 暗いけど大丈夫?日当たり良すぎるけど焼けへん?」とかね。植物のことを思ってやってあげることが、次の仕事へつながってゆくんです。



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>職業について
非常に守備範囲の広い、奥が深いお仕事。
ひとことで表現するなら「住宅の周りの住み心地をよくする仕事」です。広く言うと、人間の生活する環境をより良いものへ変えていくということになりますね。その中には個人のお庭はもちろん、マンションや大規模な公園、もっと大きくなれば、街づくりというものが入ってくる。非常に幅が広い職業といえるでしょう。今日、おうちのブロックを積んでいるかと思えば、明日は高い木の上に登ってハサミをちょんちょんしてますし、あさってになれば重機に乗って穴を掘っている。庭の改造から、ガレージ作り、マンションの植栽工事、はたまた国際博に出展するような庭園や、ガーデンショーのデザインまで。毎日変わるから飽きませんよ(笑) 

>>きっかけ
夢を実現するため、専門の学校へ。
今から30年以上前の話になりますが、中学を卒業した私は大阪の園芸高校に入りました。当時は今みたいに普通科に行って大学に進学するというのが一般的ではなかった。私は小学生の頃からベランダで朝顔を作ったりしていて、花が好きだったので、園芸の高校があることをマークしていたんです。そして高校受験を具体的に考えた時、普通科に行くのか、工業高校に行くのか、いろいろな選択肢がある中、園芸高校の造園科を選んだ。それは将来的に造園屋さんになろうという考えがあったからです。 

>>大切にしていること
情報・知識・テクニックそしてハートが必要
われわれの扱う材料は生きています。日々、生長します。だからなによりも“思いやる気持ち”が大事になります。それは知識や情報だけではカバーできないものなんです。教科書の上では水は一週間に一回やればいいと書いてある。だったらコンピューターで自動管理すればよいということになりますね。でも、気になってのぞいてやると、やっぱり問題があるわけです。例えば、芝生に水まきの為にスプリンクラーをセットするとします。スプリンクラーは自動で水をまく装置ですが、配置の具合によっては水の届かない所もでてきます。芝生は担当者に連絡することはできませんから、ひとりで水不足に耐えなければなりません。気になって見に行って「ここは水が足りない」とか「もうちょっと水量、増やそうか」と、考えられるかどうか。その気持ちがあるか。それが思いやりです。機械の力を借りることは出来ますが、前に進むには最初に気持ちが必要なんです。そういう温かい心があることが大切なんです。物を作るという作業はテクニックもいるんですが、ハートがいることなんですよ。 

>>エピソード
ガーデンデザイナーを目指す若者にアドバイス
植物の名前をおぼえるというのが第一です。それが一番のアドバイスです。名前を記憶したら次は、春の芽吹き、夏の茂り、秋の紅葉、冬の木立といった一年間の移り変わりを目に焼き付ける。そして、ビルの横、マンションの側、公園、原っぱなど、同じ種類の木にもいろんな生活パターンのあることを認識し、シーンを頭にインプットします。そうやってデータベースを増やすと、今度は庭をデザインするとき、ふさわしいものが出てくるようになるんです。樹木もそう。草花も同じです。たとえばチューリップといえばいくつかイメージがあるでしょう? 小学校のチューリップ、友達の家のチューリップ、公園のチューリップ…。でもユリはどうです? むすかしいでしょう? ユリは知ってるけどなじみがない。でも、今日ユリの話をしたから、きっとこれから公園や花屋さんいったらご覧になると思います。そうするとユリも使えるようになる。そうやって貯金を増やしていくのがいいですね。また、植物に限らず、いろいろなものを見ることも重要です。美術品でも映画でも演劇でもとにかく多くを見ること。数を見ると審美眼が養われ、善し悪しや、好みが見えてくる。そうやって、自分の基準を手に入れる。学生の間は一生で一番、心に栄養が与えられる時期です。自分の幹を太く強くしてください。 

>>最後に
これから…大阪の街路樹を再生する夢
街路樹の専門家で“街路樹剪定士”という資格があります。ぼくは彼らを審査する仕事もしていて、その関係でよく京都に行くんですが、京都の街路樹はすごくきれいなんです。大阪との違いは土です。京都は比叡山からの砂礫で扇状地だし水もある。土壌の状態がいいから根が均一に生長するわけです。対して大阪は粘土だから良い土を求めて根が無理な伸び方をしている。すると木もそういう形になる。根の伸び方と枝の発育は相関関係にあるんです。なんとか、こっちのほうで根を伸ばしていこうとしているからどうしても枝がバランス良く八方にいかない。上に行かず、横にばっかり伸びたりね。大阪から北に新しく延びた新御堂筋にもイチョウが植わってますが、辛いところで頑張っています。それをこれから治してゆきたいなと思ってます。ここ3年くらいで風を起こして、大阪の街路樹を再生していきたいというのが造園人として私の願いです。大阪の街路樹は、古いから太いんですよ。太さは良さです。歴史であり強さですから。大径木をいかした“街路樹の浪速仕立て”というのを開発したいですね。大阪にも世界に誇るものがあります。「御堂筋のイチョウ並木」あれこそが都市の品格になりうる、私にとっては世界遺産です。 

天職人データ
収入: 私も月給をもらっています。
趣味: 美術工芸品。昔の手作りの品が好き。旅行に行くとつい古道具屋さんに入ってしまう。
勤務時間: 暦どおり。8時15分〜17時15分。隔週土曜日休み。


植物の状態をチェックするのも大切な仕事


切り口からバイキンがはいらないようにする樹木用の塗り薬


職人の命、剪定鋏


剪定のコツは「短く濃くぱらっと」


 切るタイミングをまちがえると次の時期に咲かない

 

天職人データ

7時
出社
社員が出社する前に、一日の組み立てを確認。
 
8時15分
会社の就業時間
現場に到着し作業開始。現場は毎日かわることもあれば一週間同じということもある。  同時に二つ三つ動くこともあり、そのなかでメンバーチェンジが行われる。
 
10時
小休憩
作業の段取りや調整のミーティングが行われる。小休憩のあと、再び作業開始。
 
12時
昼食
最近はお弁当が人気。
 
13時
作業開始
 
15時
休憩
今日は、ここまで片付けるぞというところを決める。「頑張らないと終わらないぞ」と気合を入れることも。
 
17時15分
終業

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。