天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

調理業界>シェフ>

バリスタ

奥栄太さん1982年生
ショクギョウ:カフェバリスタ/JoJo四ツ橋店
キャリアプロフィール:和歌山出身。カフェやレストランで4年間アルバイトをし、2005年から現在の店に勤務。
お客様に最高の一杯を作るバリスタ

90年代に起こったカフェブーム以降、コーヒーをいれる専門家「バリスタ」が注目されるようになりました。奥栄太さんもカフェでのアルバイトをきっかけにバリスタに憧れ、以来いつかは自分の店をもちたいと夢を描いています。



学べる学校一覧

>>きっかけ
カフェでアルバイトをし、バリスタの先輩に憧れる
バリスタとはイタリア語で、BAR(バー)で働く人を指しますが、最近は「エスプレッソを抽出する人」としての意味合いが強く、また単に技術だけでなく、お客様への行き届いたサービスができてこそ、一流とされています。店で使っているエスプレッソマシーンの特徴を把握し、その日の気温やコーヒー豆の状態、お客様の好みに応じて最高の一杯を作ります。そんなバリスタという職業を知ったのは、ほんの偶然からでした。
高校卒業後、これからはIT時代だと思い、和歌山から大阪に出てコンピュータ学校へ進みましたが、何となく自分に合わないと半年で退学。当時、このWebサイトのような職業紹介で情報を得ていたら、そんなミスマッチはなかったかもしれませんね。ともあれ、両親に仕送りも頼めないし、求人誌で見つけたカフェで働き始めました。そこで、エスプレッソコーヒーをベースにカプチーノや種々のコーヒーを作り、ハートやリーフの絵を描いたり、きびきびと働きながらもお客様とにこやかに話すバリスタの先輩をみて、「かっこいいな」と憧れたのが、この仕事に興味を覚えたきっかけです。 

>>エピソード
技術やサービス、経営を学びながら、大会にも出場
次第にいつかは自分の店をもちたいとの夢も生まれ、経験を積もうと喫茶店やレストランのホール担当など、2〜3年の間に業態の違う3店舗で働きました。それらの店でコーヒーのいれかただけでなく、立地条件、客層、客単価、利益率の違いなど、経営に必要な多くのことを学び、2005年から現在の店に社員として勤めています。
昨秋には日本バリスタ協会主催のセミナーにも参加し、1月には日本スペシャルティコーヒー協会と共催の第6回「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ2007」にも出場しました。東京と大阪の会場に全国から135人が参加して予選が行われ、コーヒーの味だけでなく、立ち居振る舞いや接客能力も審査されます。初めて参加しましたが、全然だめでした。チャンピオンになった女性は「カプチーノはエスプレッソと牛乳のマリアージュを意識しています」とプレゼンの仕方もおしゃれだし、みんなほんとによく勉強しています。結果は出せなかったけど、勉強不足やお客様へのホスピタリティの大切さを痛感して、とても良い経験になりました。これからの仕事に生かしていきたいですね。 

>>やりがい
単調な日々が、自ら積極的に働くことで変化
以前勤めていたとき、毎日、同じ店に行って、コーヒー作って、と単調な日々に仕事の限界を感じたときもありましたが、今は社員になって責任感も出たし、自分から何かしようと考えるようになり、仕事が俄然おもしろくなりました。コーヒーをいれるだけでなく、もちろん店の売り上げも伸ばさなくてはならず、期間限定ドリンクや新しいフードメニューを開発したり、いろいろなキャンペーンを店長やスタッフと相談して企画しています。大変だけど、やりがいを感じます。
またバリスタといえば華やかな仕事のように思われますが、一般に飲食業界はどこでも就労時間が長く、多くのお客様には会えますが、限られた店内にずっと居なければなりません。もし自分で店を開けば、そこに10年、あるいはそれ以上、居続ける覚悟がいることもわかりました。コーヒーが好き、人と出会うのが好き、だけでは続かない仕事です。でも、夢も持てる仕事です。 

>>最後に
「おいしかった」を励みに、一国一城の主を夢見て頑張る
カプチーノが上手に入り、きれいな絵が描けたときはもちろんうれしいですが、何よりお客様の「おいしかった」の一言、笑顔が、仕事をしていて一番うれしい時ですね。
いつかは和歌山に帰り、おしゃれでなくてもいいから、コーヒーの美味しい店、渋いマスターのいる店と評判を呼ぶような店を作りたいと、夢を広げています。そんな店の内装やメニュー、客単価などを考え、本場イタリアのように夜はアルコール類もおいてなどと想像するのは、ほんとに楽しい時間です。
現在、バリスタに公的な資格はありませんが、コーヒーやバリスタの団体で検定試験を行おうという動きもあり、またスクールなどで独自の修了証を交付しているところもあります。またバリスタとしてのみ働くことは少なく、従業員であれ、経営者であれ、軽食を作ったり経営面に携わることも多いので、養成校等で基礎を学んでから現場で研鑽するのも、一つの方法だと思います。 

天職人データ
収入: 同級生のサラリーマンと同じぐらいですが、店の形態や、個人経営か会社組織かによっても違うと思います。
趣味: スポーツ観戦


一日の大半をカウンターの中で過ごす


技術だけでなく、サービスも重視される仕事


新しいドリンクメニューを考え、キャンペーンも企画


店の掃除や片付けも大切な仕事


カプチーノにさまざまな絵を描く。腕のみせどころだ

 

天職人データ

8:00
出勤
開店準備の後はモーニングやランチのコーヒーをたてながら、仕込み、食器洗い、レジなどを臨機応変に行う。
 
13:00
休憩
 
14:00
仕事開始
午前中と同じく注文をこなしながら、夕方のピークの準備。
 
23:00
閉店
後片付けや掃除をして終わり

学べる学校一覧
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。