天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

保育・幼稚園業界>幼稚園教諭>

幼稚園教諭

森田智子さん
ショクギョウ:幼稚園教諭(金塚幼稚園園長)/法人金塚学園
キャリアプロフィール:金塚幼稚園に勤務し、主任を経て現在、園長。
子供の個性を尊重し、
いつも笑顔あふれる幼稚園に

3歳から小学校就学前の幼児の保育と教育に携わる幼稚園教諭。集団教育のスタートに位置し、子供の社会性や自主性を養っていく時期だけに、その役割は重要です。「子供が好き」だけでなく「全身で向き合う気概」も必要と説く森田智子先生です。



学べる学校一覧

>>きっかけ
資格を得て働きたいと幼稚園教諭をめざす
高校時代に進路を決めるとき、将来は保育かコンピュータ関係の資格を取って働きたいと考え、「人と接する仕事」「子供が好き」な自分には前者が向いていると、幼児教育を選びました。幼稚園教諭の免許状は専修、1種、2種の3種類あり、大学院、大学、短大、専修学校などを卒業して取得します。私の場合は2種で、保育士の資格も取れるので、就職先も幼稚園、保育園、児童福祉施設、児童相談員など選択肢はいろいろありました。その中から幼稚園に勤めようと決めたのは、実習で先生によって子供たちが変わるのを目の当たりにしたことが、大きかったですね。 

>>職業について
実習で先生と子供たちの素晴らしい関係を見て、就職を決意
幼稚園では教育要項に定められている「健康」「人間関係」「言葉」「表現」「環境」(周囲のモノや生き物に興味をもったり考えること)の5領域を扱い、遊びやさまざまな活動を通して、子供の心身の発達を助長します。ただ各幼稚園で絵や音楽、あるいは勉強、運動など何に力を注いでいるかが異なり、それぞれ特色があります。
ここ金塚幼稚園では、子供の個性を尊重し、自然のなかで遊ぶことにより、大きな夢を広げる保育を心がけています。実習でここに来て、自信たっぷりにリードする先生、安心してのびのびと遊び、時にはいたずらもしますが、大事なときには自然とまとまる子供たち。先生に絶大な信頼を置いているのがわかり、私もそんな先生になりたい、ここで働きたいと園長に直訴したのが、私の仕事人生の始まりです。 

>>職業について2
あっという間に過ぎる1日、努力をいとわず前向きに
先生の勤務時間は基本的には8:00〜16:00ですが、大抵7時には来て環境構成と呼ばれている絵本の用意や道具を揃えるなど、その日の準備をします。保育時間は1日4時間ですが、延長保育もしています。また日・週・月案など教育課程に沿ったカリキュラムを作成したり、行事の準備をしたりと、子供のいない時のほうが費やす時間は多いですね。
当園では1クラス20人〜30人で、担任と副担任がつき、主任は担任クラスをもちながら学年全体を把握します。また、主任同士のコミュニケーションを図り、園の生活や行事を円滑に進めるとともに、後輩の指導にも当たります。
幼稚園教諭は大半の子供たちにとって、初めて出会う母親以外の女性、信頼する大人、最初の先生です。また保護者にとっても幼稚園で初めて他の子供、他の親に出会い、学んで行く場でもあります。そんな大事なときにいい加減な先生では、子供がかわいそうです。先生を目指す人は、子供が好きと同じくらい、先生になりたい、自分をぶつけて取り組んでいきたいという熱意が必要です。
 園長になって面接もしますが、明るく元気な人、笑顔の良い人、努力をいとわない前向きな人かどうかを、判断しますね。 

>>やりがい
毎日が幸せの連続ですが、責任も重大
日々成長する子供を見るのは喜びであるとともに、責任の重さも痛感しますし、そこにやりがいも感じます。「先生すき!」と抱きついてきたり、手紙をくれたり、子供が笑顔なら私たちも笑顔になり、毎日がうれしいことの連続です。
就職したばかりの頃、キャリア20年の主任に出会い、先生としての姿勢、子供と向き合う大切さを学びました。ほんとに先生として輝いておられ、今でも当時の子供たちと交流があるそうです。私自身、叱ってばかりいた子が好青年になって会いにきたり、自分の子供を紹介してくれたり、当時の保護者が今度は孫を連れて来られたり、先生と子供、保護者以上の関係ができて、ほんとにこの仕事を続けてきて良かったと思いますね。 

>>こんな苦労も
失敗は学びのチャンス。先輩達に支えられ、教えられた日々
今でこそ子供の気持ちも見え、何より「待てる」ようになりましたが、いろんな失敗も、もちろんありました。
先生になってすぐの春、テントウ虫の絵本があったので時期的にちょうどいいなと内容を確かめもせず読み出したら、冬眠する話でした。本来、冬に読むものを、しかも保護者の前で読み聞かせ、お母さん達が笑っておられて…ほんとに恥ずかしかったですね。以来、環境構成の大切さを痛感してます。
また子供が頭にこぶを作ったのに気づかず帰したときは、保護者が怒って来られて。その時は当時の園長から、子供のけが以上にお母さんの心はけがをしているのよと「親の気持ち」を諭されました。
どんな仕事でも失敗はあると思いますが、二人の園長先生にはほんとに支えてもらいましたし、先輩からも多くのことを学びました。私も園長として、子供も先生も保護者も含めた園全体の安全と安定に尽力し、子供や先生の成長を見守っていきたいですね。 

天職人データ
収入: 公立・私立・地域などによって異なるが、初任給は概ね17〜23万ぐらい
趣味: 仕事と全く別の時間をもち、気持ちを常にリフレッシュしているが、内容は内緒
勤務: 園長の1日は保育全般、人員管理、保護者面談、書類作成や庶務業務、外部との折衝、園によっては経理などもあり、多岐に渡る。


先生が子供たちの保護者的存在なら、園長は園のすべての安定を司る存在。


園全景。


豆まきなど行事ももりだくさん。子供達には一つ一つ良い思い出になるのです。

 

天職人データ

7:00
出勤
その日に使う絵の具や絵本の準備、草花の水やり、掃除からスタート。
 
8:00
打合
園児の登園前に、教諭達間で連絡や報告などを行います。
 
10:00
園児出迎
挨拶をして健康状態を確かめ、園庭や部屋で遊ぶ子供たちを見守る。
 
10:00
午前の活動
体操、お絵かき、歌、自由保育など、日によって活動内容が違います。
 
11:30
お昼
子供たちと一緒にお弁当や給食を食べる。
 
12:30
午後の活動
午前中の続きや、その応用的な活動を行います。
 
14:00
園児帰宅
保護者に今日の様子を伝え、引き渡します。
 
15:00
事務
後片付けや事務作業、翌日の準備、行事の打ち合わせ、職員会議などを行います。
 
17:00
預かり保育
17時までの預かり保育を担当することも。

学べる学校一覧
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。