天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

舞台音響エンジニア

舞台音響エンジニア
■業務内容 舞台やミュージカルの音響をします。細かく分けるとステージに隠されたのマイクセッティングやキャストにマイクをつけるなどの音響担当、キャスト専用に音を届けるモニターエンジニア、会場全体のお客さんに音を届けるF.O.H(フロントオブハウスまたはメインエンジニアとも呼ぶ)に分かれます。それぞれとても大切な仕事で、ステージが出来ていないと声が聞こえなかったり音が鳴りませんし、モニターが良いとキャストも気持ちよく演技ができます。もちろんF.O.Hが良いと会場全体の音響が良くなり、お客さん全員に感動を届けることができます。3セクションともとても重要で会場の音響を自分で自由自在に操れるやりがいのある仕事です。
■働く場所 イベント会場、コンサートホール、演劇ホール
■勤務体系 基本的に音響会社や劇団などに就職します。また、会社でしっかりとした経験を積んだ後、フリーランスとして活動されている方も大勢います。
■収入について 経験によります。初めは平均16万円、17万円位ですが、経験を積んでアーティストやクライアントから信頼を掴んでいくにしたがってどんどん収入は上がっていきます。1日に何十万円ももらうようなエンジニアもいます。会社経験を経てフリーランスとして活動している方などはこれにあたる方が多いです。
■プロへの道 とにかく経験を積む事が大事です。知識やちょっとした技術だけではいきなりはプロにはなれません。まれにアルバイトを募集していますが、あくまでアルバイトなので機材の片付け等になります。ステージやミキサーを使って仕事をしたい場合は、実際に行われているプロの舞台やミュージカル等で一歩一歩経験を積む事が必要になります。

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。