天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

ダンス業界 > JAZZダンサー >

振付師(JAZZ)

■業務内容 コンサートやCM、音楽などのミュージッククリップ、プロモーションビデオなど、あらゆる場面で目にするダンス。ダンスのあるところ、ほとんどすべてに振付師(コリオグラファー)が存在します。ジャズダンスにとくに定義はなく、色々なジャンルが含まれています。仕事の内容を掴みイメージを膨らませ、振り付けを考え、ダンサーに伝える仕事です。ひとつの分野だけではなく、様々なジャンルのダンスを吸収しておくことで、仕事の幅が広がります。ダンステクニックはもちろんのこと、常に独創性や感性を磨き、新しいアイデアを生むことが大切です。 自分の振付けた作品が世に出て行くことは大きな喜びとなるでしょう。たくさんの人との出会いがある、とてもクリエイティヴな仕事です。アーティストやCMの振付師として、活躍する人も増えています。
■働く場所 イベント会場、コンサートホール、テーマパーク、リハーサルスタジオ、演劇ホール
■勤務体系 プロダクション、ダンススタジオに所属、またはフリーコレオグラファーとしての活動は、勤務という考え方ではなく作品が完成するまでが仕事と言われます。これといった一日のスケジュールは決まっていません。仕事が入っていない時もあれば、撮影などで早朝に遠方集合、撮影を終えて翌日のお昼解散という二日分の仕事を一日かけて行うこともあります。
■収入について プロになってからの収入はその人の実力や活躍の度合い、人気、仕事の種類などにより異なります。コリオグラファーであると同時に現役のダンサーという人も多い世界です。TOPクラスになると華やかなショービジネス界の仕事も多く、収入も格段にUPします。
■プロへの道 特別な学歴や資格は必要ありませんが、専門学校などで基礎を
しっかり身に付けることが土台となります。個人で学ぶ方法も
ありますが仲間と刺激しあえる学び方が好ましいといえます。
幅広いジャンルの人、音楽、環境、クライアントの要望などにあわ
せた振り付けができなくてはなりませんし、ダンサーの可能性を最大限に引き出す洞察力や感性、即興力や応用力も求められます。それを伝えるコミュニケーション能力は、ダンスの技術と並ぶほど大切な要素です。それになんといっても身体が資本ですので、高い自己管理能力も才能のうちです。自分で仕事を勝ち取っていく姿勢が、その後の人脈やチャンスに繋がっていきます。

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。