天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

映画業界 > 映画製作者 >

撮影監督(カメラマン)

撮影監督(カメラマン)
■業務内容 実際に撮影するのではなく、撮影についてのディレクションを担当するスペシャリスト。日本ではあまり一般的ではありません。監督の目指すイメージを現実化するため、カメラやフィルムの指定、レンズやフィルターの選択、その操作方法、ポジションやアングル、ライティングなどを「監督」します。また、ロケハンに同行したり、照明や録音など技師をとりまとめたりと、撮影技術面でのチーフ的な役割も担います。
■働く場所 映画・映像制作現場
■勤務体系 調査中
■収入について 調査中
■プロへの道 カメラマン(撮影監督)は映像化に直接携わる映像の専門家ともいえる職業です。そんな職業ですから、当然それなりの知識や技術、経験などが要求されます。そのため、まずそういった知識や技術を学ぶことが最初のステップとなりそうです。
映像系の学校を経てカメラマン(撮影監督)を目指す人が多いようですが、他にも撮影機材の関連会社等で知識や技術を学んだり、いきなり現場に飛び込んで見習から仕事を覚えていくなど、知識や技術を身につける方法はいくつかあるようです。
とはいえ、素人を1から教育してくれるようなやさしい環境はあまりないようなので、やはり映像系の学校に行くのがカメラマンへの無難な道といえそうです。

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。