天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

医療秘書

医療秘書
■業務内容 医療の知識を活かし、医師の秘書としてスムーズに業務を進める手助けをします。スケジュール調整、電話、来客の応対、書類作成といったさまざまな事務作業を担当すると同時に、情報伝達など患者・医師・看護師のパイプ役も果たします。大学病院の場合は医師が教授という立場でもあり、文献整理や学会の補助業務などが発生することもあります。秘書としての仕事だけではなく、行動力やコミュニケーション能力も求められますが、経験を積み、年齢を問われずに続けられる仕事です。
■働く場所 IT・情報関連企業、医療機器メーカー、製薬会社、専門教育・研究所
■勤務体系 医療機関全般で勤務することができます。大学病院、総合病院、一般病院、クリニック、保健センター、介護老人保健施設など。
勤務は月〜金が基本で、土曜診療がある場合は土曜日も含まれます。看護師と比べると月間勤務時間は少ないです。
配属先によっては月末や月初めにレセプト業務で残業が生じることもあります。
■収入について 初任給は平均17.5万円。初年度年収は320万〜400万くらいです。
■プロへの道 医療秘書は、まず事務職として病院に就職し、適性によって配属され、医療事務の経験を積みながら一人前になっていくのが一般的です。関連する資格試験としては、民間の関連機関が実施している医療秘書技能検定試験があります。試験は1〜3級まであり、医療秘書実務や医療機関の組織・運営、医療関連法規、医学的基礎知識、医療関連知識などが問われます。
あれば有利な資格
  • サービス接遇検定
  • ビジネス文書技能検定
  • 医事コンピュータ技能検定
  • 医療秘書技能検定
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 秘書技能検定

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。