天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

フォトグラファー

フォトグラファー
■業務内容 新聞の報道写真・CDジャケット・雑誌のグラビアやポスターなど、クライアントの注文に応じて被写体をカメラで撮影し、写真を提供します。仕事内容は、大きく分けて「広告」と「ドキュメンタリー」の2つに分類されるようです。「広告」は、主に企業からの依頼でカタログやパンレット、ポスター、雑誌などに掲載される写真を撮り、「ドキュメンタリー」は、事件や事故、また、スポーツ写真など社会的なものを撮り、情報として発信していきます。イメージや言葉を、ビジュアル化していく、想像力やセンスも必要とされます。風景や動物、食べ物、報道写真、写真作家、結婚式やイベントの撮影などジャンルも幅広く、メディアの多様化が進む中、今後も活躍の場は増えていくことが予想されます。
■働く場所 映像制作会社、各メーカー・企業 デザイン・広告部門、広告制作会社、出版社、編集プロダクション
■勤務体系 分野、被写体などにより異なります。イベント、ブライダルが中心の仕事だと土・日・祝日がメインになります。報道や広告撮影だと、撮影状況により徹夜で行うこともあります。
■収入について 広告会社、スタジオ等の新卒正社員で1ヶ月の給料が平均17万円程度で、日本のフォトグラファーの平均年収は500万円と言われています。年収一億円を超えるフォトグラファーも多く、売り上げに応じたロイヤリティを得ている人もいます。フリーランスの場合、知名度いかんによっては、1ページ、1ショット単位の報酬になってきます。
■プロへの道 専門学校などで基礎知識や技術を学んだ後、広告制作会社・新聞社、写真スタジオなどに就職することが望ましいでしょう。プロのフォトグラファーに弟子入りするという人もいます。
実力社会なので経験を積み、腕や感性を磨くことがプロへの道です。得意な撮影分野を極めておくのも、重要です。
あれば有利な資格
  • DTPエキスパート
  • 色彩士検定

学べる学校一覧 活躍する天職人 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。