天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

ダイビングインストラクター

ダイビングインストラクター
■業務内容 海の中を自由に泳ぐことが出来るダイビングの技術指導や、ダイビングスポット への案内をすることが主な仕事です。ただし、潜り方を教え、スポットを教えれ ばいいというわけではありません。海ではちょっとした不注意がとりかえしのつかない大きな事故に繋がりかねません。そのため、慎重かつ冷静な判断が出来る ということが、ダイビングインストラクターには求められます。そして受講者の 年齢や体力、経験などを正確に把握し、ふさわしい指導を行います。
そして海の厳しさを伝えることも非常に重要な仕事な のです。海中のガイドも行い、どこにどんな生物がいるのかなど、日ごろ身に付けた知識や情報を元に海の素晴らしさや美しさ、驚きを伝えます。それには最適なポイントや無理のない安全なコースも熟知しておく必要があります。引率指導 したお客さんの感動がよろこびでもあり、やりがいです。たくさんの人と出会える仕事です。世界中の海に潜れることが出来る、ロマンが溢れる仕事です。
■働く場所 スポーツクラブ、ダイビングショップ、ダイビングショップ・スクール、マリンスポーツ関連企業、海洋リゾート施設
■勤務体系 常勤、非常勤、ツアースタッフなどの契約など雇用形態はさまざまです。リゾート地や遠方などでは寮が完備されている場合もあります。養成コースを受講しながら働ける場合もあります。ガイドをしながら一日何度も潜る事も多く、体力が必要です。
■収入について 経験や能力によって異なります。新人で15万/月〜程です。経験を積み、上級の資格を取得していくと、収入もあがっていきます。自分のダイビングショップを持つ人もいます。
■プロへの道 ダイビングインストラクターになるためには、ダイビング指導団体の技術・筆記 試験(インストラクター・イグザミネーション)を受け、合格しなければなりま せん。それには専門学校や、ダイビングスクールで技術や知識を学ぶという方法もあります。インストラクターの資格を取得することは、プロフェッショナルとしてのスタートラインに立ったということであり、大切なのはそこからだといえるかもしれません。上級コースの資格もありますし、勉強していかなくては、インストラクターといえども自分の活動内容を広げていくことが出来ないからです。そして何よりも優先されるのは受講者の「安全」です。水中では受講者一人 一人のボンベの酸素の残り量を常に確認しておかなくてはなりませんし、緊急事 態にいかに冷静な判断をすばやく下せるかなど、集中力や精神的な強さも必要な要素です。また、ダイビングは使用する道具も多く車での移動がメインとなるため、運転免許も取得しておくと良いでしょう。海外リゾートでの仕事を目指すなら、語学も積極的に身に付けておくと現場に溶け込むのも早いといえます。
あれば有利な資格
  • DAN JAPAN酸素プロバイダー
  • ISA公認レベル1サーフィン・ボディボードコーチ
  • PADIオープンウォータースクーバインストラクター
  • PADIダイブマスター
  • 【国】小型船舶操縦士
  • 【国】潜水士
  • ウェイクボードバッジテスト
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス
  • サービス接遇検定
  • 特殊小型船舶操縦士

学べる学校一覧 活躍する天職人 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。