天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

音楽業界 > プロデューサー・プロモーター >

コンサート制作プロデューサー

コンサート制作プロデューサー
■業務内容 コンサートの予算組み、ブッキング(選択)、管理・制作の責任者がコンサート制作プロデューサーです。企画段階では各制作担当業者をブッキングし、アーティストや各業者のチーフなどと中身の打ち合わせを通して予算管理をしていきます。目立ちはしませんが、経験から多くを把握し、計算高く判断する、コンサート業界の中でも最高峰の仕事といっても過言ではないでしょう。歌手やミュージシャン、オーケストラなどの、ライブコンサート全体を管理し、準備から終了までのすべての責任を負います。コンサートの規模、内容、時期、場所などを考え、予算を出し、概要を決めることから始めて、舞台監督を選び、監督とともに音響、照明の業者・スタッフを決めて、コンサート実施に向けて準備を進めます。
■働く場所 CD・楽器販売店、イベント会場、コンサートホール、ブライダル会場、ライブホール、レコード会社、演劇ホール、放送局
■勤務体系 コンサート現場がない時は早く終わりますが、現場があるときは最後までしっかりと見届けるので、わりと遅くなるときがあります。
■収入について 専門的な知識や経験が必要になります。また、即戦力となる人材が必要とされますので、宣伝プロモーターとしての知識・経験がしっかりと積める専門学校から大規模コンサートを手掛ける企画制作会社へ就職することをお奨めします。
■プロへの道 いきなりプロデューサという採用はあまりないので、勤務年数によって異なります。実際にプロデューサーになった場合、想像をはるかに越える収入となります。
必要な資格
  • 特にありません

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。