天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

音楽業界 > プロデューサー・プロモーター >

アーティストプロデューサー

■業務内容 現在の音楽業界は音楽配信ビジネスの普及など、新しい時代に対応すべく変化を遂げようとしています。本当の意味での「クオリティ」や「オリジナリティ」が求められている中、いい楽曲を提供にしていくには音楽だけではなく、アーティストの存在が需要です。アーティストのプロモーションは人々に大きな影響を与え、関心を惹かせます。アーティストの発掘、アルバムコンセプトや楽曲の選定や決定、サウンドのトータルな方向付け、宣伝など、多岐に渡り担当するのが、アーティストプロデューサ−です。音楽業界の中でも、多忙を極める職種のひとつです。人を見る眼やバランス感覚、ビジネスセンス、感性などが必要とされ、また物事を客観的に見つめる冷静さも求められるといえます。昨今では、アーティスト自身が他のアーティストのプロデューサーとして活動をし、この職業名が一般に広まったといえるでしょう。
■働く場所 アーティストのマネージメントオフィス、リラクゼーション施設、レコード会社、音楽関連会社
■勤務体系 正社員、契約、フリーランスなど雇用形態はさまざまです。勤務時間も、その時々に携わっている仕事や、担当するアーティストのスケジュール次第といえます。不規則であるということが前提になるでしょう。
■収入について 正社員、契約、フリーランスなど雇用形態はさまざまです。勤務時間も、その時々に携わっている仕事や、担当するアーティストのスケジュール次第といえます。不規則であるということが前提になるでしょう。
■プロへの道 とくに資格は必要ありませんが、音楽関連の専門学校などで学ぶのが第一歩です。音楽製作の知識はもちろん、レコーディングの知識や技術、ビジネスに関しての理解も深めておくことが必要です。クリエィティヴな作業も行なう為、アーティストやエンジニアとしての資質も兼ね備えていなければ出来ない仕事でもあります。一人の、もしくは一組のアーティストを売り出し成功させるまでには、たくさんの人の力が関わっています。その作業のすべてのプロセスの総合監督がアーティストプロデューサーですから、人間として信頼されることは、非常に大切な要素です。学校を卒業後、すぐプロデューサーになれるわけではなく、レコード会社やレーベル製作会社などに就職し、相当な経験と実績を積んだ後にたどり着ける職業といえます。下積み時代には一見音楽とは無縁と思える仕事にも、貪欲にチャレンジしておくといざというときに力になり、自分を助けてくれるでしょう。

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。