職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2019年05月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブラジルの指圧師
2013.11.15   更新情報

天職見つけ丸です。
今回は、勤勉な日本人はどこででも生きて行けるというお話。

数日前、知り合いのおじさんが40年ぶりにブラジルから一時、大阪に里帰りしたんだ。40年前、団塊の世代だったおじさんは学生運動が吹き荒れた後の日本 に見切りをつけて結婚したばかりの奥さんとアマゾンの開拓地に移住したんだよ。

現地の人たちの手を借りてジャングルを開墾。日本では想像できない屋久杉よりも大きな周囲何十メートルという木を伐採し、焼き払いながら、わずかに出来た 空き地に香辛料を植える日々だったそうだよ。

結局、巨大な根っこは取り除けず、そのためにトラクターのような農業機械も使えない非効率な手作業が続いたんだって。そのうえ天災や虫の襲来だろう。栽培 した植物が何度も全滅して、ついに10年目、ギブアップしたんだ。一旗揚げると言って出てきた日本には帰れない。そこで前に訪れて気に入っていたブラジル の南の国境に近い都市ポルト・アレグロに思い切って出たんだ。

すでに子供もいたし、何かをしなければ家族を養えない。そこで指圧を始めたんだって。そんなことを仕事にしている人はいなかったのでツボのことも身体のこ ともすべてやりながら覚えたそうだよ。

ここからが日本人というか、おじさんのすごいところ。指圧がやれるなら鍼(はり)だってやれるだろうって。母国から本を取り寄せ、指圧を身につけながら誰 もやっていなかった鍼治療まですべて独学でこなしてしまったんだ。

ナイショだけど、鍼を打ったとたんにバタンと気を失わせてしまったことも一度や二度ではなかったそうだ。日本ではきちんとした国家資格の鍼師だけど、ブラ ジルでは職業ジャンルとして存在していないので、ヤミとか無資格だとか問題にもならないんだって。それからこつこつと日本人の手先の器用さを生かして20 数年。今では「神の手」と呼ばれるほどの評判を呼び、医者や病院から治療は不可能と見放された人たちが、最後の望みをかけてやってくるそうだよ。

最近は東洋医療ブームで鍼治療を取り入れる病院や医師が増えてきて、国も資格認定の動きを見せているんだって。そうなれば、おじさんにも既得権益として資 格が与えられるんだ。

ブラジルといえば、来年の6、7月に20回目のFIFAワールドカップが行われ、2016年には東京の前の五輪があるよね。国内はさぞ湧いているだろうな と思ったら、建設を巡るワイロの横行やバス、地下鉄の値上げなどでW杯への財政支出がけしからんって国民の不満が爆発。国中にデモが広がって、W杯の開催 も危ぶまれているそうだよ。

でも今やリッチになったおじさんはいたってマイペース。W杯が予定通り行われたら、ブラジリアやリオデジャネイロ、サンパウロなど11都市とともにおじさ んが住んでいるポルト・アレグロでも試合が行われるんだ。だからおじさんは「ブラジルではサッカーは宗教だよ。世界のトップ選手に鍼を打つ機会があれば、 ワシも一躍、教祖だな」なんて、バカみたいなことを言ってたよ。

歯を作るプロフェッショナル
2013.10.18   資格のお話
 先週末は、体育の日も加わった三連休 
近所の神社では、お神輿も出ての秋祭りがありました。 

お祭では屋台もたくさん出ていて、先ずは前菜としてフランクフルト 
メインディシュは広島焼きでお腹を満たし、デザートはリンゴ飴 

上に溜まった飴を奥歯で噛んだとき 
ガリっといつもとは違う音

リンゴ飴で奥歯が欠けた『天職見つけ丸』です。 

さっそくお母さんが、近所の歯医者さん予約を入れてくれました。 
最近できた美容院みたいな歯医者さんです。 

大きな口を開けて、下あご右側の奥から数えて2番目の歯を治療開始、 
表面からでは見えない中がむし歯だったようで
奥歯の大修繕工事です。 

削り終えて、いつもの様に歯の型採りをするのかなぁと思っていたら、 
何やら先が細くなっているカメラで口の中を写し始めました。 
初めての体験なので、撮影中にもかかわらず大きな口を開けながら
先生に「ゴレ何でズか?」と聞いちゃいました。 

これは、光学印象と言って
口の中を3次元でデジタルスキャニングする機械で 
ネバネバの型取り材料を使って、 
石こうの歯型を元に歯を作っていたのに代わって 
コンピューターで歯を作るための準備をしているとのこと…スゲェ 

◆デジタルで歯を作る http://www.youtube.com/watch?v=YxWHq22VCgs 

得られた、口の中の3次元デジタルデータは、 
インターネットを通して、歯を作るプロフェッショナルである 
歯科技工士さんの元に送られ、専門的な知識や技術を駆使して 
患者さん、ひとり一人に合った歯がデザインされ 
人工の歯ができるそうです。 

◆歯を作るプロフェッショナル歯科技工士のお仕事 
http://www.syokutai.jp/job/ob/jb04140/ 

今後、歯科医療ではデジタル化が進んでくるだろうということでした。 

おそるべし、科学の進歩!! 

「歯は健康の窓口」の言葉どおり、 
超高齢社会に突入する日本で、入れ歯の需要はますます増えるそうです。 

食いしん坊のボクにとって、食べられないことほど 
辛いことはありません。 

とは言え… 
入れてもらった仮歯を気にしながら、 
大好物の浅草せんべいをほおばっている「天職見つけ丸」でした。 
敬老の日
台風災害により被害を受けられました皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

先日の敬老の日、じっちゃんに連れて行かれた小学校での敬老会で
お茶出しボランティアをした『天職みつけ丸』です。

当日は、わざわざ地域の会長さんが
皆さんの前でボクを紹介してくださいました。

その中で、地域活動を支えるボランティアは、担い手不足が進んでおり
今後の活動を維持していくのも大変ではありますが、
今回のように若い方が参加されますと、運営面で助けられるだけではなく
若者が参加されているだけで、地域の方たち、みんなの笑顔が際立つ…という
お話が特に印象的でした。

さて、敬老の日
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」として
祝日法(国民の祝日に関する法律)で定められていて、
以前は、9月15日でしたが、連休拡大をねらった2001年の同法改正で
2003年から「9月の第3月曜日」となりました。

総務省が敬老の日に発表した9月15日時点の人口推計では、
65歳以上の高齢者が過去最高の3186万人となり、初めて総人口の25%に達し
4人で65歳以上の高齢者1人を支える社会となったそうです。



そして、100歳以上のお年寄りは、43年連続で増加、
厚生労働省によると、昨年より3,021人増え、過去最多の5万4397人
この人数は調査が始まった50年前のなんと355倍となり
長寿社会の進展を映し出しています。

今後も高齢者の増加は続き、2035年には3人に1人の割合となると予想
3人の現役が1人の高齢者を支える「騎馬戦」型になり
2050年には1人が1人を支える「肩車」型となるそうです。

また、働き口の確保や増え続ける医療費や社会保障費などへの
対応が急がれますが、
今のままなら、2025年には、暮らしを支える社会保障費は150兆円という
途方もない金額が必要となるそうです。



一方、超高齢社会を支える福祉人材も、ニーズが急速に広がるのに
全く不足しています。

↓福祉の業界を支える仕事はコチラ
http://www.syokutai.jp/sr/list/gl/?tg=3

小学校の体育館で演歌が流れ始めると
突然、じっちゃん、ばっちゃんたちが
気持ちよさそうにおどり始めたのにはビックリ(゜o゜;

おォー、これが噂に聞いたゴーゴー喫茶のノリか…
恐るべし、じっちゃん、ばっちゃんパワー

今回、敬老の日に参加して
日本の将来について大いに考えさせられた
『天職みつけ丸』でした。
ウェアラブル端末
見つけ丸です。
 
スマフォの次は「ウェアラブル端末」「ウェアラブルコンピューター」なんだってさ-。
 
サムソン電子が9月4日にベルリンで腕時計型の携帯端末「ギャラクシー ギア」を発表したことから、各メーカーが身につけるコンピューター端末の開発にしのぎを削っているって各マスコミが一斉に報道しているよね。
 
昨年4月にはグーグルがめがね型のコンピューター端末「グーグルグラス」を発表、アメリカではすでに開発者用のプロトタイプが発売されていて、時々、赤、黒、白などのカラフルなこの「グラス」をつけた男女が街を闊歩しているっていうよ。
 
メール表示や通話が出来て、命令や入力は音声で行ない骨伝道で聞くんだって。写真撮影や動画撮影などもOKだそうだよ。
 
スマフォがいつでもどこでもコンピューターが使える「ユビキタス社会」を牽引しているけれど、このウェアちゃんが今のスマちゃんのような人気者に成長すれば、ハンズフリーになる分、よりユビキタス社会に近づくよね。
 
身につけるから血圧や心拍数、眠りの深さや浅さも寝ている間にデータがとれて、健康管理にも役立つんだって。マラソンランナーなんて走りながら自分の体調が逐一わかってコーチの指示も映像を見ながら受けることだって出来そうだよね。もっとも認められるかどうかは分からないけど。
 
だから職業によっては、仕事の仕方なんかも大きく変わっていくかもしれないんだって。
 
でも「グラス」をかけた人がトイレや温泉に入ってきて知らない間に実況中継されてるなんて恥ずかしいなあ。いったいどうするんだろうね。
 
ところで実は昨日午前11時ごろ、「大阪880万人訓練」で避難訓練を呼びかけるメールが一斉に流れ、あちらこちらのスマちゃんから警報がグワングワン鳴り響いたんだけれど、なぜかボクの携帯は無反応だった。
 
そうボクはまだ仕事がないのでガラパゴス族なんです。なんかちょっぴり寂しかったけれど、これだけグァングァン鳴るんだったら、人のいるところにさえいれば大丈夫かなって。
 
それよりウェア族になって、「グラス」をかけて国家試験受けられないかなあ。それまではガラ族でいよお~っと。
 
今日も朝から30℃超え…。

この地球は、この日本は、一体
「どうなっちまったんだ---!!」と嘆く『天職みつけ丸』です。

特に今朝は、昨夜降った雨が湿度を押し上げて蒸し暑さを増幅させています。
外では、セミの大合唱が始まりました。

閑さや 岩に染み入る蝉の声…松尾芭蕉

この大合唱を聞くと、夏真っ盛り、小学生のときの夏休みの宿題、
セミの研究を思い出します。

セミは、英語で"Cicada"、発音はシケイダ、
カメムシ目に分類される昆虫の総称で、
熱帯亜熱帯に分布して、種類は約3,000種、
大きいものではテイオウゼミのような羽根を広げると
130mmくらいの巨大なものから、
イワサキクサゼミのように20mm程度のものまでいます。

鳴くのはオスで、理由はメスに存在を知ってもらうため。
成虫のお腹の内には音を出す発音筋と発音膜、
音を大きくする共鳴室があって、
発音筋は超音波歯ブラシのように秒間2万回振動して鳴き声を出します。

鳴き声は、種類によって独特で
ニイニイゼミが、チィ----
アブラゼミは、ジ---ジリジリジリ…
ヒグラシは、カナカナカナ…
クマゼミは、ワシャワシャワシャ…シャア-シャア---
ツクツクボウシは、ツクツクボーシ、ツクツクボ-シ、ツクツクツクツク…
そして、ミンミンゼミはミ-ンミンミンミ---と鳴きますが、

セミがもし人間くらいの大きさのなら、
東京タワーにくっついて鳴くと、その声は鹿児島まで届くというから
驚きです (*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

セミの寿命はよく1週間と言われますが、
日本のセミは主に2~7年で、
ほとんどの幼虫期間は土の中で過ごし、
地上での成虫期間は3週間~1ヶ月程度です。

これは、種族保存のために地上生活よりも捕食される機会の低い
土の中で長い間暮らし、
タイミングを合わせて短期間に一斉に繁殖行動をとれば、
繁殖成功率が高くなり、生存率が高くなるということです。

また、北アメリカでは13年あるいは17年ごとに限られた地域で大量発生し、
それ以外の年は発生しない『素数ゼミ』と呼ばれるセミがおり、
100m四方に40万匹ものセミが発生して、木の根元はセミの抜け殻で、
地面が見えなくなるほど、理由は、5、7、11、13、17は、1と
その数以外では割り切れない素数、
この周期で生きるセミは、他のセミと交配をすることなく
純血種が保ちやすく、生き残りやすいということです。
進化の過程で寿命までが決まってくるなんて、何と不思議なことでしょうか…。

さらに、セミは食用にも使われ、抜け殻は中国で古くから
蝉蛻という生薬として使われ、止痒、解熱作用などがあります。
ちなみに日本で使われる漢方にも消風散にはセミの抜け殻が配合されており、
保険適用処方で服用できます。

【参考 薬のお仕事】
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0033/gm0113/?tg=7


中国や東南アジア、アメリカ合衆国ではダイレクトに
セミを食べる習慣もあります。
例えば、中国河南省では羽化直前に土中から出た幼虫を捕え、
素揚げにして塩を振って食べる。
山東省では、河南省と同様の方法の他、煮付け、揚げ物、炒め物などで
食べます。雲南省のプーラン族は夕方に弱ったセミの成虫を拾い集め、
茹でて羽根を取り、蒸してからすり潰して、セミ味噌を作って食用にします。
このセミ味噌には腫れを抑える薬としての作用もあるとのことです。
タイでは、おやつとして普通にスーパーで売られています。

そして、肝心のお味…、
エビに似ているとのコトです。

日本では毎朝鳴いているセミですが、ヨーロッパでは珍しく、
その強い生命力から南プロヴァンスでは「幸運を呼ぶ虫」、
中国では古くから「再生」と「復活」のシンボルとされ、
皇帝が亡くなると唅蝉(かんぜん)と呼ばれる翡翠でできた
小さな蝉の彫刻を口に含ませたそうです。
また、絶世の美女と言われた斉王の后は、
生まれ変わって蝉になったと言い伝えられており、
永遠の美の象徴ともされています。

8月にはいりました。
今年の花火大会こそは、彼女と浴衣を着て出かけたいと思っていましたが、
昨日『資格とる蔵』クンと
一緒に行く約束をしてしまいました。( _ _ )..........o

セミに負けずに「ボクはここにいるヨー!!」懸命に鳴き続ける
『天職みつけ丸』でした。
<<  5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13  >>
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.