職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2016年05月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
機械学習

とる蔵 「やぁ、おじさんこんにちは!」 

おじさん「とる蔵君、こんにちは」 

とる蔵 「おじさん、最近人工知能やAIが騒がれているけど」 

おじさん「この間、大学で研究している先生に話を聞いたけど

     すごく進んでいるのかなぁ。

     方法論的には昔と変わらないと言っていたよ」 

とる蔵 「じゃ何が変わったの?」 

おじさん「先生曰く、コンピュータの処理能力が上がったと言っていたよ」 

とる蔵 「ふう~ん早くなっただけということ?」 

おじさん「そうだね、それが一番らしい。

     ただ会話能力は上がったと言っていたね。

     スマホに話しかけると答えてくれるじゃないか?

     あのシステムだね。

     先生曰くは、今の話題となっているロボットやAI

     会話機能+機械学習だと言っていたよ」 

とる蔵 「機械学習って何?」 

おじさん「機械学習というのは、たくさんのパターンやルールを

     見つけ覚えさせることだよ。

     将棋や囲碁がコンピュータと戦うことが話題になっているけど

     コンピュータに将棋の戦った記録を何千通りも記憶させて

     勝った例から今はどの例に近くて

     今後どう打てばいいか推測するんだよ。

     今までの将棋の記録をたくさん記憶させることを言うんだよ。

     だから、コンピュータが将棋のルールを

     知っているわけではないんだ!」 

とる蔵 「え~?そうなの?」 

おじさん「ああ、コンピュータが知っているのは勝った試合の記録さ!

     またこんな話も聞いたよ。

     皮膚癌を判別するのは、お医者さんでも難しいらしんだ。

     悪性か良性かと判断するんだけど

お医者さんも八十数パーセンだそうだ!

     ところがコンピュータに、3000件のデータを教えたら

     90%の確率になったそうだ。

     もっとデータを与えたらもっと確率は上がるだろうと言っていたよ」 

とる蔵 「すごいね!これが機械学習の例ということなのか」

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.