職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2014年02月 >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
ソチオリンピック
冬季オリンピックとしては、史上最も多い88カ国の地域から約2,900人の選手が
参加した「ソチオリンピック」の幕が2月24日未明下ろされました。

2月7日からの17日間、ロシア時間が抜け切れず
今も時差ボケ状態の『天職みつけ丸』です。

さてさて、この第22回冬季オリンピックである
ソチオリンピックの テーマは、"Hot. Cool. Yours."
実況中継の際に目にした方も多かったでしょう。

本当にたくさんの Hot&Coolなドラマがありました。

その中で今回は、見つけ丸の黄色い胸にグッときた
日本選手の言葉を集めてみました。


◆一緒にメダルを獲るならこいつらだなと思っていた。日本にいる時も一緒に
ごはんを食べて、どんちゃんして、心が通じ合った仲間。絶対にメダル
獲らせてやりたかった。

スキージャンプ男子ラージヒル
銀メダル スキージャンプ男子団体
銅メダル
葛西 紀明 選手(41)

◆昨日から悩んで重圧を感じていましたが、バンクーバー五輪から4年間、
一から見直してきたものを出すことができました。
今まで支えてくれた人に最高の演技をして恩返しをすることができました。
最終的にはやるしかないと自分を信じて、自信を持ってとにかく跳ぶという
気持ちで臨みました。

フィギュアスケート女子
浅田 真央 選手(23)

◆平常心を保っていたつもりだけど思い通りに飛べなかったのは、
自分のメンタルの弱さ。
もっともっと強くなりたい。メダル、見せてあげられなくてごめんなさい。

スキージャンプ女子個人ノーマルヒル
高梨 沙羅 選手(17)

◆このスタートに立つまでに、たどり着く時間がすごく長かったので、
同じことを経験しなくても、ほかの若い選手は、もっと簡単に、
この世界に来られると思う。
そういう懸け橋に少しでも、この20年間やってきたことが、
つながったらいいと思います。

スノーボード女子
パラレル大回転
銀メダル
竹内 智香 選手(30)

◆メダルは取れなかったけれど、攻めて滑りたいという思いで
3本全部滑れたので清々しい。
達成感はMAXです。
自信を持ってスタートに立って、目の前のコースで最大のパフォーマンスで
滑るということが私の理想でした。
今日はそれがたくさんできたので嬉しい。

フリースタイルスキー
モーグル女子
上村 愛子 選手(34)

◆あそこしかチャンスはなかった。思ったところで仕掛けて負けたので
悔いはない。

ノルディックスキー
複合男子ノーマルヒル個人
渡部 暁斗 選手(25)

◆メダルを獲得したら、病気を公表しようと思っていました。
家族の支えがあってオリンピックの舞台に立てた。
同じような病気と戦っている人に勇気を与えられたら嬉しい。

スキージャンプ男子団体
銅メダル
竹内 択 選手(26)

◆このメダルが、自分の将来を全く違うものにしているとは思うんです。
ただ、これから先、もっとプレッシャーがかかる。
だからこそ、もっと楽しいなって僕はちょっと思ってます。

フィギュアスケート男子
金メダル
羽生 結弦 選手(19)

◆正直に言って、ここまでの年齢で続けられると思いませんでした。
遅咲きでもがんばれるというところが、少しでも未来のスケーターたちや
他の方に伝わって、何歳からでもやろうと思ったときにできる
気持ちがあればいいなと思います。

フィギュアスケート女子
鈴木 明子 選手(28)

◆急激に世界は進化しているので、それに追いつけるように
もっともっとうまくなりたい。

スピードスケート女子1000メートル・500メートル
小平 奈緒 選手(27)

◆おうちに帰って、おうちのご飯が食べたい。

スノーボード男子
ハーフパイプ
銀メダル
平野 歩夢 選手(15)

◆日本の皆さん応援ありがとうございました。20年間、ノルディック複合は、
期待していただきながらもメダルを取れなかったんです。
本当に苦しかったんです。
暁斗~、
本当に良かったよ~。

渡部暁斗が銀メダルを獲得し、テレビ番組に出演していた
大号泣の 荻原 次晴さん

まだまだ、たくさんの感動がありました。

メダルの色や取れたとか取れなかったとかではなく、
今回のオリンピックはアスリートの方々の生き様に深く感動しました。

次は、韓国の平昌(ピョンチャン)
そして、いよいよ2020年には東京オリンピック
アスリートたちを支える仕事もいいかなぁと思い始めた
『天職みつけ丸』でした。


↓アスリートを支えるトレーナーのお仕事はコチラ
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb05690/

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.