職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2012年11月 >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
たこ焼き

みんなの学校の学園祭、どうでしたか…?
ウチの学校は、先週の土曜日、日曜日

模擬店で、たこ焼きを千個も焼いた「天職見つけ丸」です。

ところで、たこ焼きのルーツってみんな知ってますか?
結構、ボク、几帳面なので学園祭前に調べてみました。

大阪のたこ焼きのルーツは、昭和8年、会津屋というお店で
福島県生まれの遠藤留吉さんという方が、焼いていたラヂオ焼というのが
はじまりだそうです。

昭和10年、大人も喜ぶものをとラヂオ焼に牛肉・コンニャク・豆などを
入れましたが、評判はアマリよくなく、
お客さんの「大阪は肉かいな。明石はタコ入れとるで」の
関西的なノリの一言がヒントとなり、
生地の中にタコを入れて焼いたものを「たこ焼き」と命名、
たちまち世間の好評を得ました。

また、当時のたこ焼きは、ソースをつけず、
小麦粉を醤油味のダシで溶いて、味をつけていました。
ソースをつけて食べるようになったのは、
第2次世界大戦での敗戦後、食糧難となり、
小麦粉の量を減らして、より多くのダシ(水)で溶いて焼いた、
味の薄いたこ焼きを美味しく食べる工夫だったようです。

ちなみに、その明石焼きのルーツは、
天保年間(1830年~1843年)の頃に、兵庫県明石の工芸品である
明石珠 (卵白を利用した珊瑚の代用品)の生産の際に
大量に余る黄身を消費するために考えられたと言われています。

今、たこ焼きは世界が認めるファーストフードを目指しているようで、
世界中でたこ焼き屋さんが増えているそうです。

----------------------------------
msn産経ニュース 2012.9.20 16:50

「たこ焼きはオシャレなオヤツ」インドネシアで専門店急増

たこ焼き専門店がインドネシアで急増中だ。
「手軽で、おしゃれなおやつ」と評判で、若者らの間でじわじわ人気を広げている。
首都ジャカルタ東部のたこ焼きフランチャイズ店「オイシ・タコ」
女性店員が日本製プレートに生地を流し込み、細い棒を使って慣れたしぐさで
クルクルと回して上手に焼いていた。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120920/trd12092016540019-n1.htm

-----------------------------------

たかが、たこ焼き
されど、たこ焼き

日頃、何気なく食べているものでも
調べていけばフカーイ歴史があることを知りました。

世界に羽ばたけ、大阪の味、なにわの味!!
別名、黄色いたこ焼きの「天職見つけ丸」でした。

テレビ大阪のキャラクターの「たこるくん」も見てネ。

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/takoruworld/

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.