職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2012年06月 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いよいよ、夏本番!!
夏といえば、ムクムクの入道雲、そして台風、大雨
今年も各地で大きな被害が出ています。
僕のじっちゃんは、地球温暖化の影響だとニュースをみながら
よくつぶやいています。

そのニュースやワイドショーで、お天気を解説するのが
「気象予報士(きしょうよほうし)」
1994年からはじまった比較的新しい仕事ですが
最近ではポピュラーになっていきました。

この気象予報士は、国家資格の一つで、
気象業務法に基づき、財団法人気象業務支援センターが実施する
気象予報士試験に合格しなければなりません。

受験資格に年齢や学歴の制限はなく、1月下旬頃と8月下旬頃の年2回
学科試験と実技試験が行われ、合格率の平均は、
なんと6%、けっこう難関です。

●気象庁 気象予報士について
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/minkan/yohoushi.html
●日本気象予報士会
http://www.yoho.jp/

仕事内容は、ズバリ、気象データの収集や解析を行い
天気予報を出すことでお天気キャスターや民間の気象予報会社、公務員として
気象庁で働く方法もあります。
ただ、趣味の延長として、気象予報士資格を取得する人も多いので
資格所有者が、全部、天気に関連した職業で働くということはないそうです。

また、民間の気象予報会社は、企業から依頼を受けて
特定の日時や場所の天気を予測するのがおもな仕事で
自分が出した予想で売上や収穫量が左右されるので
けっこうプレッシャーが、かかるようです。

お天気キャスター、
なんかカッコイイですね!!

でも、じっちゃんは、昨日も、お天気ねえさんと呼んでました。(-_-;)

7月27日から開幕するロンドン五輪
快速アメンボ走法、福島千里選手を応援している
天職見つけ丸でした。
  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.